免疫力が低い乳幼児に発症する髄膜炎の原因と症状

髄膜炎は、免疫力が低い乳幼児に発症する病気の一つですが、悪化すると命に関わることがあります。ここでは、髄膜炎の主な原因や症状について説明します。

髄膜炎を発症させる細菌・ウイルスの種類

髄膜炎は、脳や脊髄の表面を覆っている髄膜(クモ膜・軟膜・硬膜の総称)に炎症が起こる病気です。髄膜炎の原因は細菌やウイルスへの感染であり、細菌によるものを「細菌性髄膜炎」、ウイルスによるものを「ウイルス性髄膜炎」といいます。

乳幼児が髄膜炎を発症する主な原因は以下の通りです。

<細菌性髄膜炎の場合>
・ B群溶連菌(主に新生児から乳児早期)
・ 大腸菌(主に新生児から乳児早期)
・ インフルエンザ菌(主に生後3 カ月以降の乳児から幼児)
・ 肺炎球菌(主に生後3 カ月以降の乳児から幼児)
・ 髄膜炎菌(主に年長児から青年期)
・ リステリア菌(主に生後3 カ月以降の乳児から幼児)

<ウイルス性髄膜炎の場合>
・ おたふく風邪のウイルス(ムンプス)
・ コクサッキーウイルス
・ エコーウイルス

免疫力が低い乳幼児は髄膜炎に感染しやすく、治療が遅れると命に関わることがあるため、風邪などで体力が低下している時は特に注意しましょう。

子どもの体調変化や異変に注意しよう

子どもが髄膜炎を発症した時にみられる、主な症状は以下の通りです。

・ 発熱
・ 激しい頭痛
・ 悪寒
・  吐き気、嘔吐
・ 項部強直(こうぶこうちょく)

悪化するとけいれんや意識障害を起こすことがあるため、早期の治療が大切です。ただし、乳幼児は具体が悪い時に言葉で伝えられないことが多いため、母乳やミルクを吸う力が弱い、泣き声が小さいなどの異変を見逃さないようにしましょう。

髄膜炎に気付くきっかけとは?

髄膜炎の特徴的な症状として、項部強直が現れることがあります。項部は首の後ろのうなじ付近であり、その部分が硬くこわばるような状態を項部強直と言います。項部強直になると首を前に曲げづらくなり、曲げようとすると首や背中に痛みを伴うことがあります。
しかし、新生児・乳児・幼児の場合は髄膜炎になると必ず項部強直が現れる訳ではなく、診断が難しいことがあります。このような場合、大泉門(額の上部にある、骨と骨の継ぎ目部分。触ると「ぺこぺこしている」と感じる部分で形はひし形)にふくらみがみられることがあります。
また、年齢が低いほど特別な症状は見られません。新生児や乳児の場合、発熱以外の症状として不機嫌、食欲の低下などが目立つことがあります。

髄膜炎の診断

髄膜炎が疑われる場合は、血液検査や尿検査の他に腰から髄液を採取して白血球の増加の有無や糖・タンパクの濃度を調べる髄液検査が行われます。

<まとめ>
脳や脊髄を覆っている髄膜に炎症が起こる髄膜炎は、原因別に細菌性髄膜炎とウイルス性髄膜炎に分類されています。髄膜炎の主な症状は頭痛・発熱・嘔吐ですが、首の後ろ側がこわばり前に曲げづらくなる項部強直が見られることもあります。特に、細菌性髄膜炎の症状は重い傾向があり、治療が遅れ重症化すると命に関わることもあるため、子どもの体調変化や異変を見逃さないようにしましょう。


2017/05/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事