出生直後の新生児にみられる筋性斜頸とは?

新生児が首を片側傾けた状態が続く場合、筋性斜頸(きんせいしゃけい)の可能性があります。ここでは、出生直後の新生児に見られる筋性斜頸の原因や治療法について解説します。

首が片側に傾いたままになる筋性斜頸

乳児の首が常に片側に傾き、反対側に向かない状態を斜頸といいます。斜頸は胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という頚部と鎖骨、胸骨をつなぐ筋肉の硬直により生じるものです。

筋性斜頸とは、左右の胸鎖乳突筋の片側が分娩時等にダメージを受けることから硬く拘縮してしまい、左右の筋肉バランスが悪くなり首が片側に向いてしまう状態を指します。先天性筋性斜頸の原因は、胎内や分娩時等にありますが、必ずしも症状はすぐに出現する訳ではありません。生後何もなかったのに、生後1カ月健診で初めて指摘されることもあります。

筋性斜頸の原因は、胸鎖乳突筋の中にしこりができることであり、しこりがある側に首が傾きます。しこりは生後2?3週間で最も大きくなり、それ以降は少しずつ小さくなるケースが多いです。1歳頃までに軽快することが多いといわれています。

筋性斜頸の原因と治療のポイント

筋性斜頸の原因は、分娩時に胎児が産道を通る際に頭や首に強い圧力が加わることが関係しているのではないかと推測されていますが、明確な原因は判明していません。なお、通常分娩と比較すると、骨盤位分娩(逆子)の方が筋性斜頸になる確率が高いといわれています。

筋性斜頸は自然治癒することが多く、特別な治療は行わずに経過観察になることが多いです。赤ちゃんにとって振り向きにくい方から呼びかけたり、ミルクをあげるようにすることも大切です。動かしにくい筋肉を少しずつリハビリさせます。しかし、1歳を過ぎた後もしこりが消えず斜頸がみられる場合には、突っ張っている部分を切除する胸鎖乳突筋切腱術という手術が2?5歳頃に行われます。

マッサージはNG

筋性斜頸の治療の一環として首のマッサージが推奨されていたことがありましたが、現在は筋肉の組織を損傷させることがあるためほとんど行われていません。筋性斜頸の子どもの寝かせ方にはコツがあるため、枕やタオルの当て方などについては専門医の指導を受けましょう。

<まとめ>
筋性斜頸とは、首が片側に傾いたまま反対側に向かない状態であり、新生児から見られることの多い症状です。筋性斜頸による症状は左右の胸鎖乳突筋のバランスの悪さが原因であると考えられており、しこりがある側に首が傾くことが特徴です。筋性斜頸は、分娩時の強い圧力が原因の一つとして考えられており、通常分娩より逆子の方が高い発症率だと言われています。自然治癒が見込まれるため経過観察になるケースが多いものの、1歳を過ぎても斜頸が残る場合は手術による治療が行われることもあります。

参考
日本整形外科学会

国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センター


2017/06/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事