手首

子ども特有の竹節状骨折について

子どもはバランスが悪く骨折しやすいですが、完全に折れるケースは少ないです。ひびが入る程度で治まることがほとんどで、治りも早いという特徴があります。今回は、子どもの骨折で代表的な竹節状骨折(たけふしじょうこっせつ)について解説します。

子どもの骨折はひびが多い

骨の中央の長い部分を骨幹部、両端を骨端部といい、骨幹部と骨端部の間を骨幹端部といいます。子どもの骨は骨幹部の弾力が大人よりもあり、周りを厚い骨膜で覆われています。さらに骨を太く成長させる骨芽細胞、骨基質蛋白の代謝が非常に活発です。

子どもの骨折の原因は、転んだり高い所から落ちることによって起こることがほとんどです。肘の関節や腕、上半身の骨折が約半数に上ります。大人に比べ骨折する機会が多いですが、子どもの骨は弾性があるため骨折しても完全に折れるケースは稀でひびが入ることがほとんどです。また、完全に折れた場合でも骨膜が厚いので骨折の端の部分が曲がったり、ずれることは少ないです。

竹節状骨折とは?

子どもに起こりやすい骨折の一つが、竹節状骨折です。竹節状骨折は骨に外部から圧力が加わり、押しつぶされることにより生じる圧迫骨折の一つです。子どもの骨は柔らかいため圧力が加わっても完全に折れることはなく、押しつぶされて竹の節の様に骨が膨らんだ状態になります。これが竹節状骨折です。

竹節状骨折は、手首に起こることが多いです。軽症の場合触れなければ痛みを伴わず、少々腫れる程度なので骨折に気付かないこともあります。特に上手に痛みを訴えることができない赤ちゃんや幼児の場合は、注意が必要です。

自家矯正が見込める子どもの骨折

X線撮影により、骨折の有無や状態を診断して治療法が選択されます。骨折の治療には保存療法と手術療法がありますが、関節周りの骨折でなければ自家矯正が期待できます。事実、保存療法が選択される場合も多いです。

血管や神経の損傷が見られない場合は、骨折した部分をギプス等で固定します。成長期であれば1~2カ月で安定することが期待できると言われています。子どもの場合は固定したあとに変形や骨折部が離れていても矯正力が高くあまり心配することはないのですが、転んだあとに少しでも気になることがあれば整形外科を受診しましょう。


2017/05/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事