手のひら

乳幼児に多い手足口病とはどういう病気?

毎年夏になると、手足口病が流行します。小さい子どもに多いといわれる手足口病は、口の中や手足に発疹ができます。今回は、手足口病の症状や感染経路について説明します。また、発症した時の注意点についてもみてみましょう。

手足口病の原因となるウイルスと感染経路

手足口病は、ウイルス感染によって発症する夏風邪の一種ともいわれています。原因となる代表的なウイルスはコクサッキーウイルスA6、A16、A10、そしてエンテロウイルス71です。

感染経路はくしゃみ、鼻汁、咳などによる経口感染や飛沫感染、または触って感染する接触感染、さらに排泄された便の中のウイルスが口に入り感染する糞口感染などがあり、人から人へ感染します。

感染症発生動向調査によると、毎年手足口病感染者の約9割が5才以下の乳幼児であると報告されています。この年代は、多くの子どもたちが保育施設や幼稚園へ通っています。衛生観念がまだ薄く、様々なものに接触することも多いこの年代はどうしても集団感染しやすいです。

手足口病の特徴的な症状について

感染後3日から5日経つと、手のひらや足の裏に特徴的な水疱性の発疹が現れます。また、口の中の粘膜に軽い発疹ができたり、強い痛みを伴う潰瘍のような口内炎ができることもあります。乳児の場合は、膝やお尻に水疱や発疹が出ることもあるようです。

感染者の3分の1に発熱がみられますが、通常は発熱しても微熱で、高熱になることはほとんどないといわれています。しかし、例外もあるので詳しくみてみましょう。

エンテロウイルス71に感染した場合
ほとんどの手足口病は、数日間で治る軽い症状の病気です。しかし、ごくまれに髄膜炎や脳炎など中枢神経の合併症や心筋炎、または急性弛緩性麻痺などの症状が現れることがあります。

特にエンテロウイルス71に感染した場合は、中枢神経系の合併症になる割合が他のウイルスに比べ高いです。近年アジア諸国でも手足口病の大流行がたびたび報告されていますが、いずれもエンテロウイルス71によるものだといわれています。

手足口病の治療方法と注意すべき点とは

手足口病に対する特効薬や予防薬は、特にありません。普通は1週間から10日程で自然に完治します。しかし、気をつけなくてはならないのが、経過中に喉の痛みから水分がうまく摂取できずに脱水に陥ることがあることです。その他ごくまれに発症する髄膜炎などの合併症にも注意が必要です。高熱が続く、嘔吐、呼吸が荒い、頭痛、視線が合っていないなどの症状があるときは早めに医療機関で診てもらうことが大切です。

もう一つ注意しなくてはならないことは、手足口病は病気が治った後でも比較的長期間にわたり便などの排泄物にウイルスが存在していることがあることです。また、感染しても発症しないでウイルスだけが排泄されるケースもあります。排泄物の処理を徹底することが重要です。
排泄物の処理と同時に、手洗いも非常に大切です。きちんと石鹸や除菌ソープなどを使用して、流水で手洗いする習慣をつけておきましょう。

手足や口の中に水疱や発疹ができる手足口病に感染した場合は、基本的には安静にしていれば自然に治っていきます。しかし、注意深く経過観察することが必要です。少しでも異常があったら、すぐに医師に相談しましょう。

参考
厚生労働省


2017/06/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事