子どもにも見られる若年性骨粗しょう症

骨粗しょう症は高齢者だけではなく、子どもにもみられます。若年性骨粗しょう症の原因は解明されていませんが、子どもの頃からカルシウムやビタミンDを摂取し、丈夫な骨を育てることが大切です。今回は、子どもにみられる骨粗しょう症の症状と原因について解説します。

骨粗しょう症とは

骨の密度が低下した状態のことを、骨粗しょう症といいます。骨に負荷がかかったり、つまずくだけで骨折することもあります。骨粗しょう症は主に高齢者にみられますが、若者でも骨粗しょう症を起こすことがあります。薬などの明らかな原因を特定できないものを特に若年性骨粗しょう症といい、特に8~14歳の子どもにみられることが多いようです。

骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症は、原因が特定できるかによって次のように分類されます。

(1)続発性骨粗しょう症
原因を特定できる骨粗しょう症のことを、続発性骨粗しょう症といいます。遺伝性の病気や骨粗しょう症以外の病気の治療薬の副作用、甲状腺機能亢進症などが原因として挙げられます。また、丈夫な骨を作るために必要なカルシウムやビタミンDなどが不足することも原因の1つです。

(2)原発性骨粗しょう症
原因が明らかではない、もしくは複数の原因が考えられる骨粗しょう症は原発性骨粗しょう症にあたります。若年性骨粗しょう症は、原発性骨粗しょう症の中でも「特発性」という発症が極めて稀なものに該当します。

若年性骨粗しょう症の症状

骨粗しょう症を引き起こす可能性がある原因が全て否定された場合、若年性骨粗しょう症と診断されます。主に次のような症状が現れます。

(1)腰痛
(2)膝の痛み
(3)足首の痛み
(4)背骨が側方へ曲がる
(5)胸の中央がへこむ
(6)頻繁に骨折する

若年性骨粗しょう症の治療

若年性骨粗しょう症の治療には、骨に栄養を与えて骨の密度を高めるためにカルシウムやビタミンD製剤が用いられます。若年性骨粗しょう症の改善には個人差がありますが、治療により数年で症状が軽快することもあるようです。若年性骨粗しょう症の原因は不明ですが、このような治療で症状が軽快することがあるため、子どもの頃からカルシウムとビタミンDを意識的に摂取することが大切です。


2017/06/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事