体の部位から探す

成長期の子どもに多いオスグッド・シュラッター病の症状

子どもは成長期に骨が急速に発達します。骨の急速な成長が原因で特定の部位に負荷がかかりやすくなり、オスグッド・シュラッター病を発症することがあります。今回は、オスグッド・シュラッター病の症状や原因、治療法などについて解説します。

オスグッド・シュラッター病とは

オスグッド・シュラッター病とは、膝関節の少し下の外側にある骨の出っ張り(脛骨粗面)の骨と軟骨に炎症が起こる病気です。主に10~15歳の男児に発症することが多いといわれていましたが、現代では男女問わず起こり得る病気と認識されています。

膝の前面にある円盤状の骨(膝蓋骨)の腱と、脛の内側にある骨(脛骨)が結合する部分が何度も強くけん引されることが原因です。

オスグッド・シュラッター病の症状

膝蓋骨と脛の骨が結合する部分(脛骨粗面)が痛み、圧迫すると痛みが悪化します。脛骨粗面の突出や腫れ、赤みや熱感などがみられる場合もあります。また、脛骨粗面が剥離すると、強い痛みや大きな腫れを伴います。歩行時や階段の昇降時に痛みが現れることが特徴で、ジャンプをする等膝関節を急速に使用すると痛みが現れることが多いようです。

成長期に起こりやすい理由

成長期は骨が急速に成長します。筋肉や腱は骨の成長に追いつくことができず、柔軟性が低下します。膝蓋骨と繋がっている大腿四頭筋も柔軟性が低下し、ジャンプやダッシュなどにより脛骨粗面という膝蓋骨の下部にある骨に負荷がかかります。そうすると、脛骨粗面の中にある骨端核という骨の芯の発育まで阻害され、オスグッド・シュラッター病の症状が起こります。

オスグッド・シュラッター病は片脚に負荷をかけるクセがある、あるいは同じ動作を繰り返すような運動をしている子どもに見られることが多いようです。成長期を過ぎると自然に症状が治まることが多いため、症状を悪化させないための保存療法が適用されます。痛みがある間はスポーツをやめて安静にし、痛みや炎症を抑えるために抗炎症鎮痛薬の使用やアイシングを行います。痛みが治まれば、スポーツを再開できます。しかし、3~6カ月は痛みが再発しやすいため、膝関節の負担を軽減させる膝サポーターなどを装着してスポーツの前後には必ずストレッチを行いましょう。また症状や局所所見が強い場合には運動を一次休む必要があることもあります。


2017/06/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事