歩き方に違和感が出る子どものケーラー病

子どもの骨に異常が起こる病気の1つにケーラー病があります。今回は、成長期の男児にみられるケーラー病の症状と治療について解説します。

ケーラー病とは

ケーラー病とは、舟状骨という足のアーチを形成する骨の1つに炎症が起こる病気です。4~7歳の男児にみられることが多いです。片足にのみ症状が現れることが多く、両足に症状が現れるのは全体の3分の1程度です。足の腫れや痛み、舟状骨に圧通が生じます。また、体重を足で支える時や歩行時に不快感が強くなります。足首を内側に曲げると、痛みを訴えることがあります。

ケーラー病は、繰り返し足に負荷がかかることで発症する場合があります。しかし、明らかな外傷歴が無い患者が多く、発症の原因は解明されていません。症状が急に現れることは稀で、次第に舟状骨の炎症が進行していき症状が現れることが多いようです。

ケーラー病の診断

レントゲン写真では、厚みが減って平たくなっている舟状骨を確認できます。片足にのみ症状が現れている場合は、症状が現れていない足と比べることでケーラー病の進行具合を確認できます。

ケーラー病の治療

ケーラー病の症状は、比較的短期間で消失します。症状が持続する場合は、次のような保存治療を行います。

(1)軽度の場合
靴敷きを使用し、舟状骨への負担を軽減します。室内で自由に歩行しても問題ありませんが、足首に過度の負担をかけるような運動は避けましょう。

(2)重度の場合
歩行用ギプスを装着し、3~6週間安静を保ちます。強い痛みを伴う場合は歩行を禁止し、ギプスを外した後は軽度の場合と同じく靴敷を使用します。また、医師の許可を得られるまでは激しい運動はできません。

ケーラー病は、数日から長くても2年以内に治ることが多いです。通常では自然に治り、後遺症の心配もありません。

<まとめ>
ケーラー病は舟状骨に炎症が起こる病気で、足の腫れや痛みなどの症状が現れます。特に4~7歳の男児にみられることが多いようです。子どもの歩き方に違和感があり痛みを訴える場合は、ケーラー病も一つの鑑別になりますr。この場合は整形外科を受診してください。


2017/06/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事