成長期の子どもに多いセーバー病の症状と原因

セーバー病は足のかかとに異常が起こる病気で、運動を積極的に行う子どもが発症しやすいといわれています。かかとへの負担が蓄積されると、急に症状が現れます。今回は、成長期の子どもに多いセーバー病の症状と原因について解説します。

セーバー病とは

セーバー病は、主に激しい運動をした後に片足、または両足のかかとを形成する踵骨部に痛みが生じる病気です。8~12歳の子ども、特に男児にみられることが多いようです。痛みが強い場合は、かかとへの負担を軽減するためにつま先で歩きがちになります。また、アキレス腱と踵骨の繋ぎ目の辺りに、腫れと圧迫するような痛みが生じます。アキレス腱を伸ばす運動をすると疼くような痛みが現れるため、走ったり飛び跳ねるなどの運動が制限されます。

セーバー病の原因

セーバー病は、かかとに過度のストレスが繰り返しかかることで起こると考えられています。子どもの骨には多くの軟骨成分があります。軟骨成分は衝撃に弱く、飛び跳ねたりアキレス腱を伸ばす運動をすることで軟骨成分に負担がかかります。また、長距離走やランニングなどをする時にサイズが合わない靴を履くと、かかとへの負担が大きくなります。かかとに負担が継続的にかかることで発症するため、問題なく運動をしていた子どもが急にかかとの痛みを訴えることが多いようです。

セーバー病の診断と治療

レントゲン写真を撮ると、踵骨の変化を確認できます。アキレス腱炎やアキレス腱周囲炎、骨髄炎などの鑑別が必要です。

治療においては、かかとの骨にかかる負担を減らすことを目的とします。また、痛みに対しては消炎鎮痛剤などを使用します。痛みが強い時期は激しい運動は控え、松葉杖でかかとへの負担を軽減します。また、前足部分に体重がかかるよう靴敷きを利用してかかとを高くすることもあります。痛みが軽減したあとに、アキレス腱の伸長訓練を行います。


2017/06/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事