腎臓

胎児や新生児に発見されることがある水腎症とは?

水腎症は、腎臓に尿が溜まり膨張する病気で胎児や新生児、乳幼児に発見されることがあります。無症状のケースが多く、超音波検査で水腎症の程度や尿の流れなど詳しく調べます。ここでは、水腎症について解説します。

子どもの水腎症の多くは先天性のもの

水腎症は、尿が排泄される経路が障害されて、尿が腎臓に溜まり膨張する病気です。

腎臓で作られた尿は、腎盂(じんう)から尿管という細い管を通り膀胱に流れ込みます。水腎症は、この経路のうち尿管の上部(腎盂と尿管のつなぎ目)が狭くなり腎盂が拡張します。尿管の下部が狭くなる状態は、「水尿管症」と呼ばれます。


水腎症は先天性と後天性があり、子どもに発症するものはほとんどが先天性です。

水腎症が発見されるきっかけ

水腎症を発症し腎臓が腫れると、腹部にしこりや痛みが現れることがあります。
腹痛は、鈍い痛みやうずくような痛みが多いようです。また、溜まった尿に細菌が感染すると高熱を伴うことがあります。
水腎症は、このような症状をきっかけとして発見されることが多いです。胎児・新生児・乳幼児の場合は、超音波検査により発見されることがあります。水腎症は、胎児の検査で発見されることもある病気の一つです。

軽度の水腎症は自然治癒することがある

軽度の水腎症は腎機能が低下することは少なく、自然治癒するケースもあります。

尿路の閉塞の度合いが強く、腎機能が低下する水腎症の場合は手術を要することがあります。水腎症の手術は、尿の流れを悪化させている尿管の一部を切除して正常な腎盂と尿管をつなぎ合わせる腎盂形成術が行われます。子どもの年齢が低い場合は、他の治療法が選択されることもあります。

<まとめ>
水腎症は、腎臓で作られた尿が排泄されるまでの経路に障害が起こり、腎臓に尿が溜まって腫れる病気です。胎児や新生児に発見される水腎症のほとんどは先天性ですが、明確な原因は判明していません。胎児や新生児の水腎症は超音波検査をきっかけに発見されることが多く、軽度の場合は自然治癒するケースが多いです。重度の水腎症は手術を要することがありますが、子どもの場合は年齢に応じた適切な治療法が選択されます。


2017/06/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事