乳糖を分解できなくなる子どもの乳糖不耐症

乳幼児は母乳やミルクが主な栄養源ですが、乳糖不耐症を発症すると乳糖を分解できなくなり、下痢や嘔吐を引き起こします。乳糖不耐症には先天性と後天性があります。今回は、子どもの乳糖不耐症の原因と症状について解説します。

乳糖不耐症とは

乳糖は、ガラクトースという糖質とブドウ糖が結合した栄養素です。母乳や牛乳などに含まれています。摂取した乳糖は、小腸の粘膜に存在する乳糖を分解する酵素により分解され、体内へと吸収されます。乳糖不耐症では、この酵素の分泌量が少ないもしくは全く分泌されないため乳糖を上手く分解できず、乳糖が腸内に残ってしまいます。残った乳糖は腸内細菌により発酵し、腸のぜんどう運動を活発化させます。下痢を起こすと、酸性便という酸っぱい臭いの便が排泄されます。
乳糖分解酵素の分泌量や摂取した乳糖の量により、症状の程度が変わります。

乳児の乳糖不耐症

乳糖不耐症には、先天性と後天性があります。先天的に乳糖分解酵素が全く分泌されない状態の場合は、生後まもなくの授乳で激しい下痢や嘔吐などの症状が現れます。後天性の乳糖不耐症では、胃腸が細菌やウイルスに感染することで起こる胃腸炎により小腸の粘膜が障害されて乳糖分解酵素の分泌が一時的に低下します。生後まもなくの授乳では問題が起こらず、しばらくしてから症状が現れた場合は、後天性の乳糖不耐症が疑われます。

乳糖不耐症の治療

乳糖不耐症の治療には、乳糖を分解するガラクトシダーゼが含まれた薬が用いられます。乳糖を含む飲食物の摂取を制限することも下痢症状には有効です。しかしながら乳糖を含む飲食物にはカルシウムやタンパク質が多量に含まれているため、摂取制限により栄養不足に陥ることが懸念されます。必要な栄養素不足を来さないよう、乳糖を含まない食物からのカルシウムやタンパク質の摂取を心がけましょう。

<まとめ>
先天性の乳糖不耐症では、生後まもなくの授乳で嘔吐や激しい下痢などの症状が現れます。生後しばらくしてから症状が現れた場合は、後天性の乳糖不耐症が疑われます。胃腸炎が原因の乳糖不耐症の場合は、胃腸炎が改善すると乳糖分解酵素の分泌量も回復します。乳糖不耐症が改善するまでは、乳糖の含有量が少ない飲食物を与えましょう。


2017/06/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事