アセトン血性嘔吐症(自家中毒)の対処法

風邪や激しい運動、発表会の後など心身的なストレスが引き金となり吐き気や腹痛などの症状を起こす病気をアセトン血性嘔吐症(自家中毒)といいます。今回は、子どもに起こりやすいアセトン血性嘔吐症(自家中毒)の症状と対処法について解説します。

アセトン血性嘔吐症の原因

アセトン血性嘔吐症は、次のようにして起こります。

(1)食事から摂取した糖分は血液中に移行し、エネルギーとして利用されます。感染症などにより食欲が低下し、空腹のまま眠ることで低血糖状態(血液中のブドウ糖の濃度が低い状態)になります。

(2)低血糖症状を反映して、腹痛と吐き気が起こります。

(3)更に食欲不振が助長され、嘔吐を繰り返すことで低血糖が悪化します。

(4)低血糖を補うために脂肪を分解して糖を作ろうとし、その際にケトンという酸性の物質が生産されます。

アセトン血性嘔吐症の別名である自家中毒は、自分でケトンを作り出し中毒を起こすことから名づけられたといわれています。

アセトン血性嘔吐症の対処法

低血糖が悪化すると意識障害や昏睡などを起こして死亡するケースもあるため、まずは低血糖を改善します。糖分が多い飲食物を、少量ずつ15分おきに与えましょう。吐き気止めの座薬があれば、使用します。病院が開いている場合は、すぐに受診しましょう。病院が開いていない場合は、糖分の摂取で様子を見て翌日に受診しましょう。また、嘔吐を繰り返すと脱水も心配されるので必ず水分補給してください。ただし、症状が悪化した場合や嘔吐を繰り返すために水分を摂取できない場合は、すぐに病院を受診してください。

アセトン血性嘔吐症の予防

食事を抜くと低血糖になりやすいので、1日3食欠かさず食べさせましょう。また、アセトン血性嘔吐症を繰り返す場合は脂肪分を控えめにし、エネルギー源である炭水化物やタンパク質をきちんと摂取することが大切です。疲れを溜めさせないよう、疲れている様子が見られた場合は早めに休ませましょう。

<まとめ>
血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が低いと腹痛や吐き気を起こします。低血糖が悪化すると生命に危険が及ぶこともあるので、速やかに病院を受診してください。アセトン血性嘔吐症が起こったら、糖質が含まれた飲食物を摂取します。特に脱水状態に陥りやすいため、必ず水分摂取してください。


2017/06/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事