血管

子どもの川崎病の症状と治療法

難病の1つである川崎病は症状が軽快しても定期的に心臓の検査が必要になります。川崎病で起こり得る症状のうち、5つ以上の症状が現れている場合は川崎病と診断されます。今回は、子どもが発症することがある川崎病の症状と治療法について解説します。

川崎病とは

川崎病は、全身の血管に炎症が起こる病気で、原因は解明されていません。4歳以下の子どもが発症するとされており、特に1歳未満の乳幼児にみられることが多いです。

川崎病の症状

川崎病は、次のうち5つ以上の症状が現れている場合に川崎病と診断されます。

(1)38℃以上の発熱が5日以上続く
(2)発疹
(3)両方の白目が充血する
(4)唇が荒れて赤くなる、舌に発疹が現れてイチゴのような見た目になる
(5)手足の指先が腫れ、解熱後に皮が剥ける
(6)首のリンパ節が腫れる

冠動脈は、心臓の筋肉に酸素や栄養を供給しています。冠動脈に炎症が起こると、コブのような膨らみが生じることがあります。これを冠動脈瘤といい、将来的に心臓への血流が悪化したり血管が閉塞して心筋梗塞が起こる恐れがあります。

血液検査では、炎症反応が高値を示し、血液中の蛋白の低下や肝機能の異常を認めることがあります。

川崎病の治療

川崎病の治療法は、急性期と急性期以後で異なります。

(1)急性期
炎症を抑制し、血液が血管内で凝固しなことを目的として免疫グロブリン、ステロイド、アスピリンという薬を状況に応じて併用します。発熱が起きている間は多めに使用し、解熱後は量を減らした上で約1カ月間内服し続けます。また血漿交換療法などが検討されることもあります。

(2)急性期以後
冠動脈瘤が生じた場合は、アスピリンの内服を続けます。巨大な冠動脈瘤に対しては、アスピリンに加えて別の抗凝固薬を使用します。また、大きさによっては運動制限を適用します。冠動脈瘤ができていない場合は、1年に1回の頻度で心臓の検査を行い経過観察します。血管が閉塞する可能性が高いと判断された場合は、血管を経由するバイパス手術や、カテーテルを血管に入れて血管を押し広げたり、血管壁が厚いために血液の通り道が狭くなっている部分を削る治療などを行います。


2017/06/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事