血管

新生児にみられる大動脈縮窄症

大動脈縮窄は、生命に危険が及ぶことがある病気の1つです。重症の大動脈縮窄症では足や内臓に十分な量の血液が行き渡らなくなり、足の冷感や呼吸が荒くなるなどの症状が現れます。今回は、新生児にみられる大動脈縮窄症の症状と治療法について解説します。

大動脈縮窄症とは

心臓の左心室から繋がる大動脈は、大きなカーブを描きながら首と腕へと枝分かれしています。大動脈縮窄は、大動脈の枝分かれしたところが狭くなっている状態です。心臓疾患を伴う複合型大動脈縮窄と、心臓疾患を伴わない単純型大動脈縮窄があります。

胎児には、肺動脈と大動脈を繋ぐ動脈管があり、出生後に閉鎖します。大動脈縮窄症は、出生後に閉鎖する動脈管と同じ組織で大動脈が形成されることにより起こるともいわれています。

大動脈縮窄症の症状

大動脈が著しく狭くなっている場合、内臓や足に十分な血液が流れなくなります。それにより、足の冷感や尿が出なくなる、呼吸が荒いなどの症状が現れます。軽症の場合は母乳やミルクを飲む量が減り、体重が増えにくいなどの症状が現れます。そのまま幼児期になると、頭痛や胸痛、運動時に足を引きずるなどの症状が現れることがあります。健診時に心臓の雑音や高血圧などが発見され、大動脈縮窄症に気づくこともあります。

大動脈縮窄症の検査と治療

大動脈縮窄は、レントゲン写真や心臓超音波検査、心電図検査で発見できます。造影剤を静脈注射し、CT検査で確定診断します。
重度の大動脈縮窄によりショック状態を起こした場合、救命処置と集中治療を行います。血管拡張の作用があるプロスタグランジンを投与して動脈管を開き、下半身への血流を維持します。手術については、手術が可能な状態まで回復してから行うことが多いようです。

ショック状態ではない場合は、同様に下半身への血流を維持する処置を行って準備が整い次第手術を行います。軽症でも血圧が高い場合は、早めに手術を行った方が良いといわれています。心臓疾患を伴わない単純型大動脈縮窄症では、血管の中にカテーテルという柔らかい管を入れて風船を膨らませ、動脈管を拡大させる治療が選択される場合もあります。

参考:
名古屋徳州会病院


2017/06/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事