血管

初期は自覚症状が現れにくい大動脈弁閉鎖不全症

大動脈弁閉鎖不全症は心臓の病気で、リウマチ熱や川崎病、感染性心内膜炎などに合併することがあります。重症になると、身体を少し動かすだけで息切れや呼吸困難を起こすようになります。今回は、子どもにみられる大動脈弁閉鎖不全症の症状と治療法について解説します。

大動脈弁閉鎖不全症とは

心臓は、全身に血液と酸素を送り出すポンプ機能を果たしています。心臓の内部には4つの部屋があり、血液が循環しています。各部屋には、血液の逆流を防ぐために弁がついています。左心室と大動脈の間に存在する弁を大動脈弁といいます。大動脈弁は、左心室の収縮の時だけ開き、大動脈へと血液を送り込みます。大動脈弁閉鎖不全症は、大動脈弁を閉じることができず、大動脈から血液が逆流する病気です。

大動脈弁は、3枚の半月型の膜で構成されています。先天的な異常により、大動脈弁を構成する膜が2枚しかない場合に起こるとことが多いといわれています。その他リウマチ熱や川崎病、感染性心内膜炎などに合併することもあります。

大動脈弁閉鎖不全症の症状

心臓には、血液を送り出す機能が低下しても生命に危険が及ばないように循環する血液量を調整する働きがあります。そのため、初期の大動脈弁閉鎖不全症では、自覚症状が現れにくいです。この状態が長期間続くと心臓に大きな負担がかかり、大動脈弁閉鎖不全症が進行していきます。症状が進行すると、少し身体を動かすだけで息切れや呼吸困難を起こすようになります。血液の循環が悪くなることで、全身がむくんだり、不整脈や動悸など心臓に症状が現れます。

大動脈弁閉鎖不全症の治療

内科的な治療として、心臓の負担を軽減するような薬(利尿剤や血管拡張薬など)を使用します。血圧の上昇は大動脈弁を破壊し、心不全(心臓の機能が著しく低下する)を引き起こす時期を早めます。

急性や重度の大動脈弁閉鎖不全症の場合は、薬物療法の効果が薄い場合があります。そのため、大動脈弁を人工弁に取り換える手術を優先的に行うこともあります。人工弁は血栓を生じやすくするため、血液を固まりにくくする薬の服用が必要になります。

治療中は心臓に負担をかけないよう生活し、定期的にエコー検査で経過を観察します。

参考元:
国立研究開発法人国立循環器病研究センター

慶應義塾大学病院


2017/06/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事