症状から探す

蚊を介して発症する日本脳炎。知っておきたい症状と予防法

発症すると重症化し、最悪の場合死に至ることから日本脳炎は非常に恐れられている病気です。日本脳炎は蚊を介して感染する病気で、脳にウイルスが侵入すると脳細胞を破壊し様々な症状が現れます。今回は、日本脳炎の主な症状と予防法について解説します。

日本脳炎とは?

日本脳炎は、コガタアカイエカという種類の蚊を介して日本脳炎ウイルスに感染することで発症します。日本脳炎ウイルスは人に感染すると急性脳炎を引き起こすことから恐れられているウイルスの一つです。日本脳炎は東南アジアや南アジアを中心に分布しており、世界中で年間約3~4万人の患者がいるといわれています。

日本ではワクチンの定期接種が行われている関係から、毎年の発生例は10例以下で推移しています。予防接種を受けることで感染のリスクはかなり低く抑えられていますが、毎年夏になると日本脳炎ウイルスを持つ蚊が国内でも発生しているため現在でも国内での感染が全くないとは言えません。また、蚊から直接人へ感染する他、ブタを介して感染することもあるため、養豚場周辺の環境では特に注意が必要です。

発症率は高くないが発病すると重症化する

日本脳炎の潜伏期間は、約6~16日です。症状が現れるケースは日本脳炎ウイルスを体内に取り入れた場合1000人に1人の割合ともいわれており非常に稀ですが、脳炎に至った場合約20~40%は死に至るというデータがあるため注意が必要です。一命を取り止めたとしても、約半数以上は脳にダメージを受けたことによる精神障害等の後遺症が残ります。
子どもが日本脳炎に至った場合の主な症状は、以下の通りです。

38℃以上の高熱、悪心、嘔吐、めまい、下痢、意識障害、筋肉の硬直、不随意運動、麻痺、病的反射、けいれん

このうち下痢、けいれんは子どもの日本脳炎特有の症状として知られています。

予防は日本脳炎ワクチンが有効

日本脳炎の原因となる日本脳炎ウイルスに直接効く特効薬はありません。そのため、日本脳炎を発症した場合は、現れた症状を抑える対処療法が中心です。日本脳炎は症状が出現した時点で既にウイルスが脳内に入り込み、脳細胞を破壊し始めています。現在の医療技術では一度破壊された脳細胞の再生は難しいため、とにかく予防することが大切です。

日本脳炎の予防は、日本脳炎ワクチンの定期接種を行うことでできます。海外渡航者が増えていることから、全国的に積極的な接種が勧められています。日本脳炎ワクチンは1期と2期に分け、初回接種は3歳以降に設定されていることが多く中学になるまでに合計4回接種が必要です。赤ちゃんが生まれたら他のワクチンと合わせてスケジュールを組み、確実に接種しましょう。

<参考URL>
国立感染研究所
NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会


2017/05/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事