乳児脂漏性湿疹

赤ちゃんの頭にウロコ状の湿疹が。これは何?

新陳代謝が激しい赤ちゃんは皮脂の分泌が盛んで、様々な皮膚トラブルが現れることもあります。6カ月の赤ちゃんですが頭皮にウロコのような湿疹が出ており、綺麗に洗っても変化がないのですが、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

赤ちゃんの頭の湿疹についての相談:「頭にウロコ状の湿疹が。痒みはなさそうだけど一体何?」

6カ月の赤ちゃんの頭皮一面に、ウロコの様な湿疹があります。入浴後に軽く剥がしても次々でてきてしまい、びっしりできていると痒いのではないかと心配です。頭は毎日優しく洗っていますが改善されず、一度ベビーオイルで洗ってみましたがベトベトになり効果はないようです。赤ちゃんは痒いと感じているのでしょうか。どのような処置をすればよいのか、知りたいです。 (20代・女性)

乳児脂漏性湿疹の可能性が

頭や顔など、汗や皮脂の分泌が多い部位にできる黄色いかさぶた状の湿疹を「新生児乳児脂漏性湿疹」と言い、痒みは無く成長と共に治まるようです。その他には先天性の皮膚の病気のこともあるので、心配な時には一度病院を受診するとよいでしょう。

新生児脂漏性皮膚炎といって、頭皮だけでなく鼻やおでこや耳など、汗や皮脂の出やすいところに黄色いかさぶたのようなものがよく発生します。皮脂の分泌が盛んなことや皮膚を保護するためにできるとも言われ、清潔にしなければと思いこすったり無理に剥がすと皮膚を傷つけるため、普段の沐浴で様子を見てよいでしょう。一時的なものが多く、1才までに多くが改善されます。(産科看護師)
乳児脂漏性湿疹以外の皮膚の病気であれば痒みも出てくると思います。痒みが出てくると、言葉が喋れない分泣いてぐずりだし夜泣きが酷くなる可能性があるので、そういう時には早めに皮膚科を受診しましょう。(内科看護師)
一般的に痒みはありませんが、赤ちゃんがしょっちゅう頭に手を持っていくなど痒がっていたりジュクジュクするようなら、一度病院を受診した方がよいでしょう。(産科看護師)
乳児脂漏性湿疹などの他に、先天的に皮膚がウロコのようになる皮膚の病気もあり、全身にできる人もいれば身体の一部のみにできる人もいます。(内科看護師)

自然に剥がれるのを待ちましょう

オイルでふやかしてかさぶたを取る方法もあるようですが、できれば自然に剥がれるのを待つ方がよいでしょう。入浴後はしっかりと頭皮を乾燥させ、寝具類は清潔を保つようにしましょう。

シャンプー前に、ワセリンやオリーブオイルを浸したガーゼをあててふやかしてかさぶたを取る方法もありますが、自然に剥がれるのを待つ方がよいでしょう。オイルで剥がす場合、ベビーオイルはミネラルオイルのため脂漏性皮膚炎には不向きで、植物性のオイルがよいようです。シャンプーはベビー用を使用し、入浴後はしっかり頭皮を乾かしてあげてください。かさぶたの落ちた寝具やタオルはこまめに取り替え清潔にしましょう。(産科看護師)
ベビーオイルで洗うと、皮膚が浸潤し逆効果だと思います。脂漏性湿疹であれば、ベビーソープできれいに洗うだけで自然に消えるでしょう。(内科看護師)

看護師さんのアドバイスを見ると、脂漏性湿疹の可能性が高いようです。しかし症状がひどくなる、赤ちゃんが痒そうにしているということがあれば、一度病院を受診した方がよいかもしれません。


2015/04/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)