調査・アンケート

2017/05/22

「デビュー不発」の経験を持つOLは4割!GW明けにリベンジ!

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

「デビュー不発」の経験を持つOLは4割!GW明けにリベンジ!

“デビュー”に関しての意識・実態調査

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:吉野俊昭)は、「デビュー」に関しての意識・実態調査を行ないました。

調査はインターネットにて、社会人5年目までのOL・専門家女性を対象に行なわれました。

その中で、イメージチェンジなどにより「デビュー」をしようと思ったことがあるかどうかについては、「ある」と答えた女性が全体の75%にのぼっています。

思うようにデビューできない人が4割超

一方、自分の思うような「デビュー」を飾ることができなかった、いわゆる「デビュー不発」の人が42%いることも判明。

その理由としては、「準備が面倒」「準備段階で自分のキャラに合わないと思った」「準備途中で億劫になってしまった」などとして、準備の段階で止めてしまった意見が多く見られました。

また実行してはみたものの、「キャラに合わず、すぐ止めてしまった」「あまり変わらなかった」との回答もあったようです。

新年度のデビューがうまくいかないのは、自分のキャラクターやイメージに合わない、やってみたけど仕上がりに満足できない、といったことが大きい要因と言えそうです。

年度始めで不発だった場合に次のチャンスはいつ?との質問では、「ゴールデンウィーク明け」が最も多く50%、次に多いのが「お盆休み明け」で26%、という結果となっていました。

これを見る限り、デビュー不発の場合はなるべく早い段階でリベンジしたい、という女性の心理が伺えます。

デビューする場合に重要視するポイントについては、「顔」…約90%、「服」…87%、「姿勢」…71%という結果が得られています。

また、「顔」の中で印象を左右するパーツ・箇所としては、「目」…92%、「肌」…84%、「口」…76%、が上位を占めています。

デビュー成功のカギは「攻めのナチュラル」

自分がなりたい印象としては、「ナチュラルである」…52%、「華がある」…39%、「かわいらしい」…36%、が上位に。

全体的な傾向としては、派手なメイクやパッとしないナチュラルさではなく、華やかでなおかつ自然な感じを演出する「攻めのナチュラル」路線を目指す女性が多いようです。

実際に「攻めのナチュラル」についての質問では、「憧れる」…71%、「デビュー成功に有利」…74%という回答が得られていて、華やかさと同時にナチュラルさを求めている女性が多いことが伺えます。

この「攻めのナチュラル」を、顔の印象を最も左右する「目」について適用することを考えた場合、約7割の人が有効な手段として挙げたのが「サークルレンズ」でした。メイク以外で印象を変えるアイテムとしてかなり注目されているようです。

参考サイト

ロート製薬株式会社 プレスリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加