新商品

DHA・EPA入り野菜果実ミックス飲料「ベジブレンド」販売開始

DHA入り野菜果実ミックス飲料を発売

不二製油株式会社(本社:大阪府泉佐野市、代表取締役社長:大森 達司)が運営する「ソヤファームクラブ」サイトにて2017年5月15日(月)より「安定化DHA・EPA」配合の野菜果実ミックス飲料『ベジブレンド』を販売開始しました。

野菜果実ミックス飲料「ベジブレンド」

「Every DHA推進委員会」は、脳機能や生活習慣病予防などへの効果が期待される成分“DHA・EPA”を、いつもの食事でおいしく無理なく摂取できる新しいライフスタイルを推進しています。今回販売される「ベジブレンド」はDHA・EPA100mg&120g相当の野菜(9種類)を配合。日本人に不足しがちなDHA・EPAと野菜をしっかりと摂取することができる「安定化DHA・EPA」を使用した世界初となる野菜果実ミックス飲料です。

特徴

②DHA・EPA100㎎配合(1本あたり)
②120g※相当の野菜(9種類)配合(※生換算)
③砂糖、食塩不使用
④β-カロテン、ビタミンCも豊富
⑤野菜が苦手でも飲みやすいオレンジキャロット風味

■商品概要

内容量:1箱(160g×30本入り)
価格:5,400円(税込)

〈モニターの声〉

①とても飲みやすく、思った以上に美味しくて毎日続けられそうです。いろんな効果に期待して、すぐにでも飲みたいと思いました。/50代女性。②DHA入りというと何となく臭いが気になるかと思っていましたが、気になりませんでした。/50代女性。③子どもたちはあまり野菜ジュースを飲まないのに、「これは好き」と言っていました。/40代女性。

■世界初となる「安定化DHA・EPA」開発経緯

DHA・EPAは主に魚の油に含まれ生活習慣病や心疾患、認知症予防などへの効果が期待されています。ですが他の油と比較すると著しく酸化しやすく酸化劣化すると特有の「魚臭」を発するため一般の食品へ配合しにくい成分とされてきました。そのためこれまでは一般の食品から摂取することが難しく摂取手段は魚を食べるかカプセル化したサプリメントのどちらかとなっていました。

そのような課題を解決すべく「不二製油」は、加工油脂メーカーとして数十年以上前から「健康油脂」の開発をテーマとして追い続け世界で初めて酸化劣化を大幅に抑制する「安定化DHA・EPA」の開発に成功しました。☆野菜果実ミックス飲料『ベジブレンド』は安定化DHA・EPAを配合した商品第1弾となります。

◇日本人に不足する「DHA」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)によると、「EPAおよびDHAを1g/日以上摂取することが望ましいとされています。しかし、実際の摂取量は全世代において1g未満となっており、成人における1日当たりの摂取量は加重平均で458㎎と、摂取目標量の半分以下の量しか摂れていません。さらに年代が若くなればなるほどDHA・EPAの摂取量は不足しており、将来的にはさらなるDHA・EPA不足が見込まれます。

※厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)より作成。※下の「参考サイト」リンク先にあるグラフデータは「日本人の食事摂取基準」(2010年版)に掲載されている「2005年および2006年国民健康・栄養調査の主な脂質摂取量の50パーセンタイル値」を使用。

■Every DHA推進委員会とは

DHA・EPAを様々な食品からおいしく無理なく摂取できる新しいライフスタイルを実現することを目的として世界で初めて「安定化DHA・EPA」を開発した不二製油(本社:大阪府泉佐野市住吉町1番地)が中心となり運営している推進委員会。活動内容はDHA・EPAに関する基礎知識や最新ニュースなどを発信しています。

参考サイト

ソヤファームクラブ

Every DHA推進委員会

世界初!酸化による「魚臭」を抑えた“安定化DHA・EPA”配合商品第1弾 DHA・EPA入り野菜果実ミックス飲料「ベジブレンド」が新発売(PR TIMES)


2017/05/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部