乳歯

1歳児の歯磨きの方法を教えて!

通常生後半年を過ぎた頃から乳歯が生え始め、2歳になる頃までに生え揃います。子どもが虫歯にならないよう、早くから歯磨きの習慣をつけるにはどうすればいいのでしょうか。専門家に伺いました。

1歳児のママからの相談:「子どもの歯がキレイに磨けない。喜んで歯磨きするようになるには?」

子どもが1歳になり上の歯が4本、下の歯が3本、他にも上の歯が3~4本顔を出してきている状態です。しかし、なかなかきちんと歯を磨かせてくれません。1日1回の歯磨きで気が向いた時ぐらいしか全部の歯を綺麗に磨けず、虫歯にならないか心配です。1歳の子どもの場合、どうすれば歯磨きが好きになるのでしょうか。また、少しだけ顔を出している歯は、磨かなくてもいいのでしょうか。(20代・女性)

虫歯は1歳頃から増える

虫歯は、虫歯菌が原因となって発生します。生まれつき虫歯菌を持っているわけではなく、大人から感染するようです。この時期にママができることは、子どもを虫歯菌に感染させないようにしたり、虫歯菌を繁殖させないようにしてケアすることです。

生まれてまもない子どもの口腔内に虫歯菌はいませんが、ほとんどが2歳を過ぎる頃までに大人から感染していると言われています。虫歯を防ぐには、まずスプーンや箸を共用しないこと・口移しで食べさせないこと・大人が1度でも口にしたものは食べさせないこと・キスしないこと等に注意しましょう。(看護師)
年齢に応じて虫歯になりやすい部位が異なるのですが、母乳やミルクの水分をとっている1歳頃のお子さんの場合上の前歯が特に虫歯になりやすくなります。そのため1歳前後のお子さんの場合は、最低限上の歯だけでもしっかりと仕上げ磨きを行いましょう。年齢が大きくなるにつれ奥歯も虫歯になりやすいので、徐々に仕上げ磨きできる範囲を広げましょう。歯磨きの習慣ができるまでは、甘い飲み物を哺乳瓶で与えない、食後は水やお茶を飲ませる、ダラダラと時間を決めずに甘いものを食べ続けないなど習慣づけてなるべく虫歯を防ぎましょう。(歯科衛生士)

楽しんで歯磨きができる工夫を!

1歳の子どもに歯磨きの良い習慣を身につけるには、やはりママやパパの工夫と辛抱が必要です。子どもが歯磨きに対してマイナスのイメージを抱くことが無いよう、また歯磨きの時間を子どもが楽しめるようにしましょう。

歯磨きを嫌がる子の場合、小さい頃から歯ブラシに慣れさせて歯磨きは楽しいと思わせましょう。好きなキャラクターの歯ブラシを使ったり、歌を歌いながら一緒に磨きましょう。また、仕上げ磨きは無理に押さえつけたり強い力で磨くと恐怖を感じますから、ゲーム感覚で行うようにしてください。多くのお子さんは、生後半年ほどで歯が生えると言われていますが個人差も大きく、下の歯が生えてきたら習慣付けを始めましょう。(看護師)
毛が柔らかくヘッドの小さな歯ブラシを選ぶこと、上の前歯を磨く時には唇の裏のスジに当たると痛いので左手の人差し指でガードしながら磨くこと、お母さんが怖い顔をせず楽しい雰囲気で磨くことを心掛けてみてください。スキンシップの時間の中で1~2本をシャカシャカシャカしたら一休みを繰り返し、トータルで一日一回キレイになれば良いと考えましょう。上手くいくまで少し時間が必要かもしれません。(歯科衛生士)

お子さんの乳歯が徐々に生え揃ってくると、虫歯対策が気になります。専門家によると、きれいに磨くことよりも子どもが歯磨きの良い習慣を身につけられるよう上手にサポートすることが大切です。


2017/05/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)