子育て

2015/04/22

希望の保育園に入れなかったお子さんやご家族に伝えたいこと

この記事の監修/執筆

産後出張ケアセラピスト熊野 薫

希望の保育園に入れなかったお子さんやご家族に伝えたいこと

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもりリフレ~代表の熊野です。 私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、お悩みを聞かせていただいたりしています。

4月になり、お子さんが保育園に通い始めた方も多いのではないでしょうか。

毎年、年が明けると、悲喜こもごもがある「保育園入園承諾(いわゆる保活)」。

無事、希望の保育園に入れた方も、残念ながら漏れてしまった方も、 様々な思いを抱えながら、4月を迎えられていると思います。

そんな中、周囲のお母さんたちからよく聞く言葉があります。

それは「認可園に入れなかった(泣)」。

認可園、つまり区や市などの行政が管轄している保育園。

最近は、認定こども園という幼保一体化の施設なども出てきました。

一方、保育園には認可だけでなく、いわゆる無認可、そして東京などだと基準を変えて 許可をしている認証保育所、といったものがあります。
(無認可、認証保育園の区分けや基準は、地域等によっても変わるため、ここでは その詳細を記載・解説することは避けさせて頂きます)


実は、私の息子は、0歳児からずっと、認証園に通っていました。

園庭はなく、マンションの1階、クラス分けはありますが、0歳さんから5歳さんまでが 腰までの壁で区分けされた大きなお部屋で、一緒に過ごしていました。


今日はそんな認証園のお話です。

そもそも、最初の入園は、認可園に入れない、というどこにでもあるお話。

たまたま当時の自宅から通える範囲で、駅にも近く夜間もやっている園として、 その園を選びました。

先に認証園に入れて復帰しておくと、ポイントが付く、ということもあっての入園でした。

でも、結果的に息子は、1歳時の4月、認可園への希望を出しませんでした。

それはなぜか。

通っている認証園が、子供を育てていく上でとてもいい環境だ、と思ったからです。

・縦割り保育になる場面も多く、小さな時は大きい子にいろいろ教えてもらい、 大きくなってからは小さな子の面倒を見てあげる機会に恵まれた

・食育に力を入れていて、昼食や給食の素材、形、提供方法にこだわっていた

・園庭はないものの、近所の公園に頻繁にお散歩に行き、冬は3歳、4歳から運動場を数キロ走ることも

・送迎時の保護者対応でも、こちらの話を親身になって聞いてくれ、また意見などにも きちんと耳を傾けてくれた

何より、息子が保育園の仲間と先生が大好きで、「行くのが嫌だ」といったことが、 5年間一度もないのです。

そんな保育園、引っ越しで4歳で退園、年長の1年は、一時保育としての利用をさせていただきました。

3月の卒園式の日、長らく共に過ごしたお友達の卒園を祝おうと、卒園式に参列させて 頂いた我が家。

式が終わり、記念撮影、という時になって、息子の名前が呼ばれました。

なんと、一足早く退園した息子のために、先生方が、卒園証書ならぬ感謝状を 作ってくださったのです!!

息子は、6年の人生の中で、

・小さな子に積み木を崩されても、「ヒヨコさんだから仕方ないよ」と笑うことも

・まだうまく言葉を操れない2歳、3歳さんに「何して遊ぶ?」と膝を折って話すことも

・お友達に貸して、と言われたおもちゃを、いいよ♪と笑顔で手渡すことも

・いただきますやごちそうさま、お皿を全部「ピッカン!」してからお代わりすることも

全部ぜんぶ、この園で教わってきました。

これから、長い人生を生きていく中で、息子と共に通ったこの保育園のことを、 我が家は一生忘れることはないと思います。


今、希望の園に入れなかったママ、パパ、子どもたち。


もちろん、将来的に希望の園を目指すこと、転園することは悪いことではないと思います。

けれど、縁あってお世話になる認証園や無認可園、きっとお子さんにとって、 素敵な経験ができるに違いありません。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加