あせも

2014/08/08

生後8ヶ月の娘の首にあせもが…どうやってケアしてあげればいいですか?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

生後8ヶ月の娘の首にあせもが…どうやってケアしてあげればいいですか?

まだまだ暑さが続きそうな今年の夏。汗をかく季節になると、お子さんのあせもでお困りのママも大勢いらっしゃるのではないでしょうか?医療やヘルスケアのプロフェッショナルに相談できる「なるカラ」にも、8ヶ月のお子さんのあせもに悩むママから相談がありました。

3日ほど前に、生後8ヶ月の娘の首にあせもができていることに気がつきました。部屋は冷房の温度を28度に設定しており、少し暑そうと思ったときは扇風機を直接あたらないように回して空気を循環させています。汗が出たらこまめにふいてあげて、肌着も頻繁にかえるようにしているのですが、よくならず、気のせいかあせもがひろがってきたような気もします。
やはり病院に行ったほうがいいのでしょうか?この暑さなので、病院に行かずに直せる方法があればなんとかなおしたいとおもったのですが・・・あせもができたときに、家でのケアとして気をつけることはありますか?

洗い過ぎない、皮膚に刺激を与えない、という点に注意してみてください!

しっかり汗を拭いているのになかなかあせもが治らない…お困りのママに、看護師さんや薬剤師さんに、自宅でできるあせもケアのポイントをアドバイスします。

あせものケアのポイントを以下にあげさせていただきます。
1. 汗をかいてタオルで拭くときは、強くこすらず優しく抑える感じで拭く。
2. 汗を流すためにシャワーを浴びるときは、ぬるいお湯で流すだけ。石鹸は使わない。
3. お風呂で体を洗うときは、石鹸は少なめに手で洗う。浴用タオルやスポンジなどは週に1〜2回ほどでいい。
4. シャワーやお風呂の後は、薄く保湿クリームを塗布して皮膚状態をよく保つ。
5. シッカロールなどは、汗腺を塞いでしまい炎症を起こしやすくなるので、あまり使わない。
うちの子もあせもが酷かったのですが、上記を実践したところみるみる改善しました。(看護師)
寝ているときは熱がこもりやすいので、アイスノンなどを活用して適度に冷却してあげてもいいと思います。(薬剤師)

皮膚の状態が酷いときは皮膚科を受診してみて!

自宅でのケアを続けても改善しない・悪化する場合は、皮膚科を受診しましょう。中には、あせもと思っていたのに実は別の皮膚トラブルだった場合も考えられます。

かゆみがひどくてきちんと眠れない、かきむしった部分がじゅくじゅくしてしまうなど、 ひどい場合は受診をお勧めします。傷からばい菌が入りとびひになり、体のあちこちに広がる場合がありますので、ご注意ください。(薬剤師)
汗疹と思っていたものが、実は別の皮膚トラブルだった場合も考えられます。健診なども活用し、一度相談してみるのもいいかもしれませんね。(薬剤師)

自宅でしっかりケアして、それでも直らない場合は早めに皮膚科を受診する。暑い夏をすこしでも快適に乗り切れるように、ママも赤ちゃんもがんばりましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加