睡眠トラブル

子どもが夜に何度も目を覚まし、まとまって寝てくれません

1歳4カ月の子どもが、夜中に何度も起きてしまうという悩みが寄せられました。いつになったらまとまって寝てくれるのか、どんなことを心掛ければいいのかという質問に対し、専門家達はどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「子どもが夜中に何度も起きます」

1歳4カ月の息子ですが、未だに夜に何度も起きなかなかまとまって寝てくれません。寝かしつけの授乳を止めたので、夜泣きは少し改善しました。長いと何歳頃まで続くのでしょうか。夜まとめて寝るためには、どんなことを心掛ければいいでしょうか。ちなみにお昼寝の時間は気を付けていますし、かなり活発なので日中の運動量はしっかり取れていると思います。 (40代・女性)

脳の発達の過程で個人差が。温かく見守って

赤ちゃんの睡眠は、当日の出来事や環境の変化の影響を受けやすいようです。夜中に起きたり泣いたりすることは脳の発達に関係しており、いつまでも続くことではないので焦らず見守りましょう。

夜泣きがいつまで続くのかは、個人差があります。質問者さんのお子さんも今日・明日にでも夜泣きが止まるかもしれないですし、それが1年続くかどうかは何とも言えません。 (看護師)
一説によると子どもの脳は、寝ている間にその日にあったことを整理するそうです。情報量が多いとキャパシティをオーバーして泣いてしまうと言われていますし、環境の変化やストレスが加わると泣いてしまうことも考えられます。いずれにしても子どもが成長しようとしている反応ですので、温かく見守ってあげてください。 (看護師)
1歳頃の赤ちゃんの睡眠時間は、平均して約11時間~13時間と言われています。生後6カ月くらいになると夜と昼の区別もつき生活リズムも整ってくるため、比較的まとめて寝てくれるようになります。睡眠時間には個人差があり、夜中にまとめて寝てくれる赤ちゃんもいれば何度も目覚めてしまう赤ちゃんもいます。しかし、いつまでも夜中に目を覚ますわけではありませんし、月齢が上がればまとめて寝てくれるようになります。(看護師)

寝る前に刺激を与えない工夫を

寝る前には入浴やマッサージをしたり、テレビを消して明かりを落とすなど気持ちを落ち着かせる工夫をしましょう。寝る前に刺激を与えないことが、まとまった睡眠につながります。

まとめて寝るためには、寝る前に刺激を与えないことも大切です。寝る前に入浴したりボディマッサージをしたり、部屋の明かりを暗くして絵本を読んだり、オルゴールで気持ちを落ち着かせましょう。寝る前のテレビは刺激になるので消しましょう。 (看護師)

夜中に泣いたり起きたりすることも子どもの脳の発達の過程の一部であり、個人差があります。焦らず温かく見守りましょう。また、寝る前に刺激を与えないことも大切です。明かりを落としてリラックスできる環境を作ってあげましょう。


2017/05/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)