乳歯

乳歯が生え変わる時は、無理矢理抜いてもいいの?

子どもの乳歯は、約6歳~12歳迄に永久歯に生え変わります。この時期グラついている乳歯を抜いた方が良いのか、自然に抜けるのを待った方が良いのか判断に迷うケースも多いようです。専門家の意見を聞いてみました。

6歳の子どものママからの相談:「子どもの乳歯がグラグラ。無理矢理抜くのはダメなの?」

6歳の娘の歯がグラグラしていますが、まだ抜けそうにありません。とても気になるようで、気づくと触っています。歯磨きの時もグラグラしている歯は嫌がってうまく磨けません。いっそのこと抜いてしまった方が楽なのではと思うのですが、自然に抜けるまで待った方が良いのでしょうか。無理矢理抜くと永久歯に影響が出るでしょうか。(30代・女性)

無理矢理抜くと歯茎を傷つけてしまう

乳歯のグラつき方にも程度があります。すぐに抜けそうな場合と強い力を加えなければ抜けない場合とでは、対処が異なります。無理に抜くと子どもの歯茎を傷めてしまうリスクがあります。

歯がグラグラしてくると痛がりますし、早く抜いてあげたいと思いますよね。今にも抜けそうなくらいグラグラしている歯でしたら抜いても良いですが、まだ抜けそうにない歯は無理に抜かない方がいいでしょう。乳歯の根っこは意外と頑丈なため、無理に抜くと歯茎を傷つけたり上手く抜けずに根っこだけが残ったりします。(看護師)
6歳で前歯がグラグラしてくるのは、正常なことです。通常生え替わりの時期になると、乳歯の根っこがゆっくり溶けてきます。グラつき始めてから自然に抜けるまでは意外と長く、数カ月かかることが多いです。根っこがまだ十分に溶けていない時に力ずくで抜こうとすると、歯茎が裂けたり歯の根っこが折れるなど思わぬ事態を引き起こすことがあります。(歯科衛生士)

判断しかねる時は歯科医院で相談を

乳歯が自然に抜けるのを待つ方が、リスクは少ないかもしれません。しかし、早めに抜いた方が良いケースもあります。お子さんがグラついた歯を痛がる場合や永久歯が顔を出している場合は、歯科で相談しましょう。

早めに抜いた方が良い歯は、既に永久歯が出てきている・抜けそうなのに抜けず痛みが強い・片方が生え変わったのにもう片方が抜けそうにない場合などです。通常は生え変わるまでに数カ月かかります。気になって触っているうちに、抜けてしまうこともあります。できれば自然に生え変わるのを待った方が良いですが、気になるようでしたら歯科で相談してください。(看護師)
グラつき始めてある程度期間が経ち、グラグラの状態になったら自分で抜いても大丈夫です。苦痛で食事に支障がある・永久歯がもう出ている場合は、歯科医院で抜いてもらう方が良いでしょう。お子さんが自分で触ったり、舌で押すことを止める必要はありません。自然に抜けるのを促す一番良い方法でもあります。(歯科衛生士)

お子さんの歯が生え変わる時期は、抜いていいのか迷うことがありますね。グラついていても自然に抜けるのを待ったほうが良いようです。しかし、既に永久歯が出てきている・抜けそうなのに抜けず痛みが強い・片方が生え変わったのにもう片方が抜けそうにない場合は歯科を受診してください。


2017/05/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)