イベント・セミナー

約16万人の小学生が参加する『第74回全国小学生歯みがき大会』開催

オーラルケアを習慣化して「続けることの大切さ」を学ぶイベント

ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)、公益財団法人ライオン歯科衛生研究所(理事長・藤重 貞慶)、一般社団法人日本学校歯科医会(会長・丸山 進一郎)、一般財団法人東京都学校保健会(会長・尾﨑 治夫)は、「歯と口の健康週間(6月4日~10日)」に合わせて、2017年6月1日(木)~2017年6月10日(土)の期間に、日本国内2,885校、および韓国、中国、香港、タイ、ベトナム、シンガポールの海外6ヵ国・地域計8校(日本人学校7校、現地校1校)の総計2,893校から約16万人の小学生が参加する『第74回全国小学生歯みがき大会』を開催します。

『全国小学生歯みがき大会』とは

1932年に第1回大会を開催してから今回で74回目。小学生の歯と口に対する健康意識を育てることを目的として毎年「歯と口の健康週間(6月4日~10日)」に合わせて開催されるイベント。

今年の『全国小学生歯みがき大会』では

①大会内容を収録したDVD教材を使って実施。②参加校は大会期間中に学校行事等に合わせて実施日時を設定できます。③国内の小学校だけでなく海外からも参加できます。④歯みがきの習慣化とともに自分の夢・目標を実現するために毎日行うことを記入する「未来宣言シール」など大会期間中だけでなく年間を通じて活用できるコンテンツを提供。⑤DVDに収録された映像を期間限定でインターネット上に公開・・など。

☆大会のテーマは「歯と自分をみがこう」。生涯にわたって健康な歯を保つには、子どもの頃から良いオーラルケア習慣を身につけることが大切。明海大学 学長 安井利一先生監修のもと、健康な歯ぐきの大切さや自分自身でのケア方法の学習、デンタルフロスの使用体験を通じて「予防歯科」の理解と浸透を図るとともにオーラルケアを習慣化することで“続けることの大切さ”を学ぶことができます。また小学生に歯と口の健康に関する「気づき」を与え、健康意識を育むことに重点を置きクイズや実習を交えて楽しく歯と口の健康の大切さを学べる場としています。

【第74回全国小学生歯みがき大会 概要】

大会期間:2017年6月1日(木)~2017年6月10日(土)
大会プログラム:テーマ「歯と自分をみがこう。」監修:明海大学 学長 安井 利一 先生

【内容】①歯についている汚れの正体は?②歯ぐきのサインの見分け方。③歯みがきの基本と歯並びに合わせたみがき方。④デンタルフロスの使い方。⑤トップアスリートからのメッセージ⑥未来宣言シールを書いてみよう。(☆未来に向かって自分の目標と、達成のために“続けること”を記入するシール。☆洗面所の鏡に貼り付けて歯みがきをしながら毎日自分の宣言を見ることができます)。

【主催】:(一社)日本学校歯科医会、(一財)東京都学校保健会、ライオン株式会社、(公財)ライオン歯科衛生研究所。【後  援】文部科学省、東京都教育委員会、(公財)日本学校保健会、(公社)日本歯科医師会、(公社)東京都歯科医師会、(一社)東京都学校歯科医会、(公社)日本歯科衛生士会。

参考サイト

ライオン株式会社 プレスリリース
期間限定でDVDの映像をインターネットで公開
(※公開期間2017年6月1日(木)10:00~2017年6月30日(金)24:00)


2017/05/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部