身体の発達

よく食べるけど、偏食の4歳児。体型も細く心配です。

子どもの成長には、バランスの良い食事が大切です。量は食べるものの食事内容が偏っており、痩せ型の子どもを心配するパパから相談がありました。専門家達は、どのように答えているでしょうか。

4歳児のパパからの相談:「4歳の子どもの食事内容の偏りを治すには、どうすればいいですか」

4歳の息子ですが、最近食欲があります。それ自体はとても良いことなのですが、食事内容が偏っています。ご飯や肉、牛乳などを食べる量が少なく、サラダや野菜の煮物、果物を食べる量の方が圧倒的に多いです。運動量も増えてきて身長も伸びてきているのですが、お風呂に入るとガリガリとした感じの体つきです。栄養的には足りているとは思いますが、筋肉やぜい肉の無さが少し心配です。成長と共に、肉のつき方も変わってくるのでしょうか?また、偏りがちな食事の改善方法はあるのでしょうか。(30代・男性)

成長とともに変化する、子どもの体格

成長とともに体格は変化していきます。子どもは代謝が良いため、痩せ型の体型でも問題は無いようです。

大人と比べて子どもの場合は、体重当たりの消費カロリーが多いです。つまり代謝が良いということです。ですからお子さんのように脂肪が無い、無駄な肉が無いということは特別異常なことではありません。運動習慣が無かったり、摂取カロリーが消費カロリーを上回ることで脂肪が体に蓄積されています。これから成長していくにつれて、当然体格も変わっていきます。(看護師)
身長が伸び、体重も増えてくると体型も変わってきます。特に運動量が増えると筋肉質になりますし、身長が伸びて体重が追いつかないこともあります。(看護師)

味付けや調理法、盛り付け方に工夫を

子どもが進んでバランス良く食べるために、アドバイスをいただきました。

食事は、味付けや調理方法を変えるなど工夫してみてはいかがでしょうか。野菜の場合は、調理方法を変えることで食感を変えられます。食事は、栄養バランス良く摂ることが大切です。(看護師)
子どもの偏食は成長とともに改善されることもありますが、可能な範囲で小さいうちから何でもバランス良く食べられるようにしてください。ご飯が嫌いでしたらパンや麺類でもいですし、肉が嫌いでしたら小さく刻んで他の食材と混ぜてみましょう。グラタンやドリアにすると、肉・魚介類・チーズ・牛乳も一緒に摂れます。(看護師)
偏食を防ぐために色んな種類のおかずを少量ずつ一つのお皿に盛り付けたり、キャラ弁風にしたり、お子様ランチのように盛り付けると喜んで食べてくれます。また、食に興味を持つように一緒に料理することもお勧めです。自分で丸めたハンバーグでしたら、喜んで食べるでしょう。(看護師)

成長と伴に体格は変化しますし、子どもは代謝が良いのでこの年齢で比較的痩せ型でも心配は無いようです。食事をバランス良く食べてもらうためには、味付けや調理方法で工夫をしてみましょう。盛り付け方を変えたり、一緒に料理することも喜んで食べてもらうための一つの方法です。


2017/06/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)