チョコレート嚢胞

チョコレート嚢胞と酷い生理痛。ピルを長期に服用しても大丈夫なの?

酷い生理痛の背後には、子宮内膜症が隠れていることがあります。痛みをコントロールする薬物治療として、ピルの服用を勧められることもあるようです。ピルを長期間服用することに対する不安に、専門家はどのように回答しているでしょうか。

20代の女性からの相談:「チョコレート嚢胞で生理痛が酷い。長期にピルを服用しても大丈夫?」

ここ数年で生理痛が酷くなり婦人科を受診したところ、チョコレート嚢胞と診断されました。治療については、現在妊娠を望まなければ低容量ピルを服用して妊娠を希望する時点でピルを止めるなどの方法があるので相談して決めましょうと言われました。とにかく生理痛が辛いので痛みをコントロールしたいですが、ピルを長期間飲むことに不安があります。妊娠を望むまでの間は、ピルを飲むしかないのでしょうか?不安ばかりが募っています。(20代・女性)

生理痛の改善には低用量ピルが効果的

低用量ピルはホルモン剤で、長期服用により子宮内膜症の進行を遅らせます。生理痛や月経の出血量を抑える効果があるようです。

チョコレート嚢胞は、子宮内膜症が卵巣に形成されて卵巣内に古い血液が溜まり、強い生理痛や骨盤痛が起きる病気です。代表的な合併症として不妊症が挙げられますが、その他にも稀に卵巣が腫れ破裂したり卵巣がんに発展する可能性があります。チョコレート嚢胞は女性ホルモンの影響を受けるため、「低用量ピル」が有効とされ治療で多く使われます。低用量ピルは、女性ホルモンを含むため服用することで身体が妊娠した状態と勘違いし脳からの指令がなくなります。すると女性ホルモンが卵巣を刺激しなくなり、排卵を抑えます。またピルを内服することで子宮内膜の増殖も抑制され、生理時の出血や痛みも軽減されます。(看護師)
チョコレート嚢胞の治療には、薬物療法と手術療法があります。年齢や嚢胞の大きさに応じて、治療方法が決定されます。基本的には外科的な処置が必要になる疾患ですが、嚢胞が小さい場合は薬物療法が適応されることもあります。薬物は、主にホルモン剤であるピルの長期服用になります。生理周期が整い生理痛が改善され、チョコレート嚢胞や子宮内膜症の進行を遅らせることが出来ます。チョコレート嚢胞は不妊の原因にもなるといわれますし、良性腫瘍ですがガン化する場合もありますのできちんと治療する必要があります。特に閉経後は、確率も高まるため注意深く観察しなければなりません。(看護師)

低用量ピルは長期に服用しても副作用が少ない

低用量ピルは長期服用が必要な薬ですが、副作用が無いわけではないようです。服用を始める際には、医師や薬剤師から副作用についての十分な説明を受けましょう。

低用量ピルは、他のチョコレート嚢胞に使用される薬に比べて副作用が少なく長期的に服用出来ます。しかし、副作用が無い訳ではありません。初期に吐き気・頭痛・眠気などが起こる可能性がありますが、3カ月程で落ち着いてきます。水分を多く摂り、適度な運動を行い血液循環を良くすることが大切です。治療に関しては、ご自身が納得出来るよう担当医としっかり相談して決めましょう。(看護師)
低用量ピルは、副作用が比較的少ないです。最近は避妊目的ではなく、生理不順・子宮内膜症・月経前の気分の落ち込みなどの症状の改善・不妊治療などにも幅広く使用されています。ピルの服用中は、排卵も抑制されるため妊娠はしません。(看護師)

低用量ピルは避妊薬としてのイメージがありますが、子宮内膜症の薬としてよく使用されており副作用も少ないようです。チョコレート嚢胞は不妊の原因にもなるといわれますし、ガン化する場合もありますのできちんと治療する必要があります。治療を始めるにあたり、医師とよく相談して不安を解消しましょう。


2017/06/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)