新商品

トーマツ イノベーション『女性活躍推進支援教育プログラム』提供開始

「人事部・管理職・女性従業員・職場メンバー」の職場改革を支援

トーマツ イノベーション株式会社は、人材育成研究の専門家中原淳氏(東京大学(大学総合教育研究センター)准教授)との共同研究「女性活躍推進研究プロジェクト (2017)」の調査結果により職場ぐるみの意識改革を行うことで中堅・中小企業における女性活躍推進を支援することを目的として開発された『女性活躍推進支援教育プログラム』を2017年6月から提供を開始します。

7,000名を超えるビジネスパーソンに対する調査結果

①キャリアトランジション(役割移行)においては女性特有のつまずきポイントがあり女性従業員が昇進する際には人事部による細やかな支援が必要。②女性が働き続けたいのは「平等、誠実」で残業見直しの雰囲気のある職場であり男性中心の職場文化の見直しが必要。③職場文化見直しについて具体的には、管理職が「負荷を可視化し、助け合いを評価し、責任ある仕事を任せ、長時間労働を評価しない」。④女性従業員は「自らの仕事の効率を高める、周囲に頼む、また頼めるように日ごろから働きかける」ことが重要。

☆調査結果を受け、トーマツ イノベーションは職場ぐるみで働き方を見直すことにより企業の女性活躍推進を加速する教育プログラム全7編を中原准教授と共同で開発しました。プログラムの体系は「人事部・管理職・女性従業員・職場メンバー」で構成されています。(☆4つの属性に対して全社での教育実施を理想としていますが企業の状況やニーズに合わせプログラムを組み合わせての提供も可能です)。

※図解による詳しい教育プログラムの基本体系(女性活躍推進支援教育プログラム)は
下にある「参考サイト」のリンク先にて確認出来ます。

【女性活躍推進支援サービス 概要】

<サービス内容>

人事部・管理職・女性従業員・職場メンバーを対象とした全7編の教育プログラムを公開型または講師派遣型の集合研修で提供(☆各編とも半日~)します。また企業の状況に応じ対象者・対象プログラムを選択・カスタマイズも可能です。

<オプションサービス>

・チェックシートによる女性活躍推進状況の簡易診断と実施プログラムの提案
・全社巻き込みのためのインターナルコミュニケーション施策(キックオフミーティングなど)
・集合研修以外の教育プログラムの実施(オンライン動画研修など)
・デジタルツールを活用した行動・習慣化支援・フォロー

利用料金:プログラムの組み合わせ等により変わるためお気軽にお問合せください。
提供開始日:2017年6月

問い合わせ先(トーマツ イノベーション株式会社)
03-5222-5111
ti-info@tohmatsu.co.jp

■トーマツ イノベーション株式会社

中堅中小企業を中心に人材育成・人材戦略に特化したコンサルティング会社。☆公開型定額制ビジネス研修「Biz CAMPUS Basic」、モバイルラーニング・反転学習を取り入れた「モバイルナレッジ」、定額制のビジネス力診断テスト「Biz SCORE」など業界初の人材育成サービスを開発・提供し続けています。また「人材育成」という観点から様々なサービスを提供、「Biz CAMPUS Basic」のクライアント数は9,500社以上で業界トップクラスの支援実績があります。

■デロイト トーマツ グループ

日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称。

日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約9,400名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。

※「Deloitte(デロイト」に関して詳しい内容は
下の「参考サイト」のプレスリリースにて確認出来ます。

参考サイト

教育プログラムの基本体系(女性活躍推進支援教育プログラム)
デロイト トーマツ グループ
デロイト トーマツ グループ プレスリリース


2017/06/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部