調査・アンケート

『インスタグラムの利用』に関するインターネット調査を実施

「MyVoice」を対象としたアンケートモニター

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は『インスタグラムの利用』に関するインターネット調査を2017年5月1日~5日に実施しました。(【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ) 【回答者数】10,955名【設問数】7~9問(※テーマによって異なります)【属性情報】32項目)。

調査結果

◆インスタグラムの認知・利用状況、直近1年間のアクセス頻度

・インスタグラムの利用者は1割強「アカウントを所有しており、閲覧・フォローだけでなく写真・動画を投稿している」「アカウントを所有しており、閲覧・フォローが中心」が5~6%です。

・女性20代では、「アカウントを所有しており、閲覧・フォローだけでなく、写真・動画を投稿している」が2割強、利用者が4割弱で他の層より高くなっています。また「知っているが、登録したことはない」「名前を聞いたことがある程度」は各3割強という結果になりました。

☆インスタグラム利用者のうち、1日1回以上アクセスする人は5割弱。
また女性20・30代では、「1日2回以上」が4~5割で他の層より高くなっています。

◆インスタグラムの利用目的、利用理由

【利用目的】

・「有名人・著名人などの投稿を閲覧する」「友人・知人や家族などの投稿を閲覧し、近況を知る」が4~5割、「興味がある分野の情報収集」「友人・知人や家族などとのコミュニケーション」が各20%台です。また「有名人・著名人などの投稿を閲覧」「興味がある分野の情報収集」は女性で比率が高くなっています。

【利用理由】

「有名人が利用している」「友人・知人や家族が利用している」が利用者の各3割強、「写真がメインなので、コメントをあまり書かなくてよい」「友人・知人など仲間同士で交流できる」が各2割となっています。また「他の人の髪型やファッション、料理などを参考にしやすい」は女性若年層で比率が高い傾向です。

◆インスタグラムに関する行動

インスタグラム利用者が直近1年間に行ったことは、「いいねをする」が61.4%、「ハッシュタグでの検索」「投稿された商品・サービスについて調べる」が2~3割。これらは女性若年層で比率が高く、女性20・30代では、「いいねをする」が7割、「ハッシュタグでの検索」が5~6割にのぼります。

◆インスタグラムの利用意向

利用意向者は12.5%、女性は若年層ほど高く、女性20代で4割弱、30代で2割強、40代以上では1割。またインスタグラム投稿・閲覧両方利用者では9割、閲覧中心利用者では7割、知っているが登録したことがない人では1割弱となり非利用意向者は64.0%です。

※図解による詳しいアンケート結果は下の「参考サイト」のリンク先にて確認出来ます。

回答者のコメント(一部)

『利用したい』

毎日色々な写真や動画があって見ているだけで楽しいから。(女性29歳)/写真とハッシュタグでゆるく世界の人とつながれる。(男性58歳)/雑貨を作っていますが写真撮影が苦手。素敵な写真がたくさん見られるので勉強になる。(女性48歳)。

『利用したくない』

下手に写真を取ってネットで悪用されるのが嫌だから。(女性35歳)/SNS全般における自己顕示欲丸出しの雰囲気には馴染めそうもない。(男性47歳)/他のsnsをやっているのでこちらまでやりたいとは思わない。(女性47歳)。

『どちらともいえない』

写真には興味があり自分で撮った写真は投稿したいと思うがSNSは面倒。(男性58歳)/お店の情報などを知れるのはいいけれど個人のものはあまり興味がないから。(女性29歳)。

参考サイト

マイボイスコム アンケートデーターベース
マイボイスコム プレスリリース


2017/06/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部