扁桃腺

3歳児の扁桃腺肥大…様子を見るべき?すぐに手術すべき?

子どもの頃に扁桃腺が大きくなった場合、すぐに切った方がいいのでしょうか。今回の相談者は、3歳児のママです。内科医からは様子見で良いと言われたものの、保健師からは3歳で切る人も多いと言われて悩んでいます。扁桃腺肥大について、専門家に聞いてみました。

3歳児のママからの相談:「子どもの扁桃腺はすぐに切った方がいいのでしょうか」

子どものイビキが凄く3歳児健診で内科医に相談したところ、扁桃腺肥大と言われました。大きくなるにつれて扁桃腺は小さくなるため、まだ様子見で大丈夫と先生は言いましたが、保健師さんには「先生は様子見と言ったが3歳くらいで切る子も多いから耳鼻科医に相談してみてください」と言われ迷っています。小さい頃に切除するのと様子見で小学生になってから切除するのとでは、術後の経過に違いはあるのでしょうか?どちらかが軽く済むならそちらを検討しようと思いますので、アドバイスお願いします。(20代・女性)

扁桃炎やいびき等の原因になる場合は、早めの切除が勧められることも

頻繁に扁桃炎になったり、いびきの原因になる場合は、早めの切除を勧められることがあるようです。

扁桃が肥大すると空気の通り道を狭めるため、狭いところを空気が通り、イビキとして感じられたのだと思います。扁桃肥大に伴ういびき以外にも、扁桃に細菌やウイルスが付着することで扁桃炎を起こすこともあります。扁桃炎を起こすと、喉の痛みや38℃以上の発熱などの症状が現れます。直ちに手術が必要ではないように思いますが、扁桃は成長を待たなくても不要な部位と考えられているため扁桃炎を繰り返すようなら手術する選択肢も出てきます。(看護師)
子どもの頃は、生理的に扁桃腺が肥大することがあります。3歳頃から肥大し6~8歳がピークで、その後自然に萎縮して小さくなります。単なる肥大だけなら問題ありませんが、慢性的な扁桃腺肥大で発熱を繰り返す・いびきや睡眠時無呼吸症候群を起こす場合は手術が勧められます。(看護師)

手術の時期については専門家の意見が分かれる結果に。耳鼻科に相談を

早めに扁桃腺を切除した場合扁桃炎のリスクやいびきなどの症状は軽減出来るようですが、手術や入院が負担になることもあるようです。専門家の意見も分かれる結果となりました。

今の時期に手術すれば、いびきや扁桃炎などの症状は改善されます。手術の方針については実際に診察してみないと分からないので、耳鼻科の医師に聞いたほうがいいでしょう。(看護師)
術後の経過の違いはないと思いますが、小さい子どもの場合全身麻酔での手術になりますから、入院がストレスになるかもしれません。また、傷が回復するまでは出血を伴うためトラウマになるかもしれません。急を要する症状がなければ3歳を過ぎてから手術を勧める所が多いようで、日常生活に支障がなければ様子を見ていいと思います。(看護師)

扁桃炎などを頻繁に繰り返すなら早めの切除をお勧めしますが、手術や入院が子どもの負担になることも考えられます。健診医の意見と保健師さんの意見が異なっており混乱されているようですが、まずは耳鼻科(扁桃腺であれば耳鼻科の先生がベストでしょう)を受診してお子さんにとって最適な方法を相談してみてはいかがでしょうか。


2017/06/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)