おたふく風邪

予防接種を受けた子がおたふく風邪にかかった場合、学校は休ませた方がいいの?

おたふく風邪にかかると、熱や痛みで辛い思いをするのでワクチンで予防する子どもいます。しかし、予防接種をしたのにおたふく風邪にかかってしまった場合どのように対処すべきでしょうか。専門家の意見を聞いてみましょう。

7歳児のママからの相談:「ワクチンを受けたのにおたふく風邪に感染。学校は休ませるべき?」

7歳の息子がいます。幼い頃におたふく風邪の予防接種を受けましたが、小学校でおたふく風邪が流行して息子にもおたふく風邪の症状が出ています。予防接種をしたせいか熱は微熱程度で顔の脹れも軽度ですが、明らかにおたふく風邪の症状です。元気はあり食欲もありますが、学校を休ませて病院に連れて行った方がいいのでしょうか?予防接種を受けていておたふく風邪に感染した場合でも、他の子にうつしてしまう可能性はあるのでしょうか?(30代・女性)

まず専門の医療機関で診断を受けて

専門家も指摘するように、おたふく風邪の予防ワクチンの効果は100%ではないため予防接種をしても感染することがあるようです。まずは、受診して専門医の診断を受けることが大切です。

おたふく風邪の予防接種による感染予防効果は、100%の予防を約束するものではありません。特に予防接種から数年経つと、免疫機能が弱くなることも知られています。相談者さんがおっしゃる通り、軽度のおたふく風邪の症状が現れている可能性もあります。予防接種歴の有無に関わらず、おたふく風邪としてかかりつけの先生に相談することをお勧めします。(小児科専門医)

学校を休ませた方がいい理由とは…

もしおたふく風邪にかかっている場合は、軽症であっても人から人に移してしまう可能性があるようです。症状を悪化させないためにも、無理をさせない方が良いでしょう。

少なからず感染拡大の可能性はあると考えられます。予防接種を受けた場合ウィルスの排泄量が減少することが証明されていますが、周囲への感染拡大が完全に防げる訳ではありません。そのため、予防接種を受けてない場合と比較して確率は低いながらも他のお子さんに感染するリスクはあります。(小児科専門医)
おたふく風邪(ムンプス)のワクチンの有効率は比較的高く、9割以上が免疫を獲得することが出来ます。免疫がついていれば、仮におたふく風邪のウィルスが体に侵入したとしても症状が重症化することはあまりありません。おたふく風邪は、診断がついても治療自体に何か特別なお薬(抗ウイルス薬など)を使用することはありません。症状が軽ければ、重症化しないよう注意しながらご自宅で安静にしているのが最も良いと思います。(医師)

元気であっても、まず受診して専門医の診断を受けることを勧められています。人に移してしまうだけでなく、症状を悪化させないためにも学校は休ませた方がいいでしょう。


2017/06/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)