調査・アンケート

子どもが欲しい男女に「男性の不妊に関する意識調査」を実施

男性の不妊に関する意識調査

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区)は、今後、子どもが欲しいと思っている20代~40代の男女2,000人を対象に、「男性の不妊に関する意識調査」を実施し、発表しています。

「精子の状態が気になった」経験あり

自分の健康状態を「良好」だと思うという男性は約9割(89.7%:「大変良好」31.6%+「まあ良好」58.1%)いるが、自分の精子の状態を「良好」だと思っている男性は62.1%(「とても良好」14.9%+「まあ良好」47.2%)にとどまっています。自分の精子の状態が気になったことがある男性は54.8%(「よくある」10.8%+「たまにある」24.2%+「ごくまれにある」19.8%)で、精子の状態が気になった理由に対する全体の回答は、「子どもが欲しいと思っているから」(62.4%)が最も多い。続いて、「子どもがなかなかできないから」(33.7%)、「若くないと思うから」(28.8%)、「毎日ストレスを感じているから」(28.6%)となっています。

一定の期間が経過しても子どもができなかった場合、まず最初に「自分に不妊の原因があるのでは」と思う男性は44.7%、女性は65.7%で男性のほうが少ない。一方、「配偶者(パートナー)に不妊の原因があるのでは」と思う男性は13.4%で、女性(7.1%)の約2倍にも上ります。

男女ともに「妊活」に対する意向は約8割と高いが、医療機関での検査を女性は「是非受けたい」31.4%に対して男性22.5%と、男性は女性に比べ消極的 男性が医療機関で検査を受けたくない理由は「子どもは欲しいが自然にまかせたいから」「医療機関での検査を受けるのが恥ずかしい/抵抗があるから」と回答しています。

参考サイト

株式会社リクルートライフスタイル プレスリリース


2017/06/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部