調査・アンケート

約3割の子どもが、おねしょを心配!お泊り行事に向けて相談を。

5月30日「世界夜尿症デー」

フェリング・ファーマ株式会社では、5月30日の「世界夜尿症デー」を前に、「夏のお泊り行事」についての不安に関する調査を実施しました。おねしょそのものへの不安や、夏に向けての悩みと対策の実態が明らかになりました。

おねしょを心配するも、6割以上が未対策

お泊り行事を前に「おねしょ」の悩みを抱える子どもたちがいます。小学校 1 年生~3 年生の子どもとその保護者 500 組を対象に、夏のお泊まり行事についての不安に関する調査を実施したところ、お泊り行事のおねしょに関して「とても心配」「心配」と回答した子どもの割合が 27.0%に上ることがわかりました。また、他の項目と比較すると、子どもたちのおねしょに関する心配は、「ひとりで眠れるか」、「ホームシックにならないか」に次いで 3 番目に多いことから、その心配の度合いが比較的高いことが確認できました。

「おねしょが心配」と回答した子どもの保護者のうち、お泊まり行事前のおねしょ対策について確認したところ、65.9%がおねしょ対策を実施していないという結果が分かりました。 お泊まり行事前におねしょ対策を実施したことのある保護者にその対策内容を確認したところ、おねしょについて病院に行って相談する割合は、相対的に低いことが分かりました。

夜尿症は治る

夜尿症は生活改善、薬物療法、アラーム療法などの治療を行うことで、自然経過よりも約3倍治癒率を高めることができます。 小学校低学年で生活改善などから夜尿症初期診療を開始することで、宿泊行事の増える小学校高学年までに夜尿を卒業さ せることも可能となります。

夜尿症の治療には大きく分けて薬物治療と薬物を用いないアラーム療法があります。しかし、これらの治療を行う前の生活改善の取り組みが何よりも重要である。夜間の飲水制限や規則正しい生活リズムが確立されていないと、薬物療法による副作用も誘発しかねないので、患児と保護者に繰り返し指導し、遵守させることが必要になってきます。

  • 生活改善指導
  • ①規則正しい生活をする、②水分/塩分の摂り方に気をつける、③寝る前に必ずトイレに行かせる、といった生活改善 の取り組みを行うことで、1~2 割程度の子どもの夜尿が消失することを経験する。

  • 薬物治療:抗利尿ホルモン製剤
  • 日本の夜尿症診療ガイドライン 2016 では、生活指導で効果不十分な場合の第一選択治療として、デスモプレシン (Desmopressin:DDAVP)もしくは夜尿アラームを使用することを推奨している。また、ICCS(国際小児尿禁制学 会)のガイドラインでは、どちらを選択するかは、患児や保護者の希望に沿ったものでよいとされているが、排尿日誌により 夜間多尿があると確認された場合は DDAVP が選択される。

  • アラーム療法:夜尿アラーム
  • 夜間就寝中の水分を感知して警報が鳴る装置であり、1930 年代より使用報告例がある。夜尿アラームに接続されて いるセンサーをパンツが濡れそうな部分に取り付けることで、センサーが濡れるとアラームが鳴り、バイブレーションが生じるよ うに設計されているものがある。

    この5月30日をきっかけに、夏のお泊り行事に向けた「おねしょ卒業対策」についての啓発活動をフェリング・ファーマ株式会社は行っています。

    参考サイト

    フェリング・ファーマ株式会社 プレスリリース


    2017/06/19

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    この記事の監修/執筆

    ニュース編集部