体重管理

妊娠中の厳しい体重管理・・・。何故そこまでしないといけないの?

妊娠すると誰もが注意されることとして「体重管理」が挙げられます。妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、母体や赤ちゃんに様々なリスクがつきまとうからという理由で、病院によっては厳しく体重管理を行うところもあるようです。今回の相談者の方は、前回の妊娠時の体重管理が厳しすぎて、2人目が欲しくても当時のことを思い出すだけでストレスになってしまうようです。

相談者の悩み:「前回妊娠時の厳しい体重管理が忘れられません・・・。2人目がそろそろ欲しいのですが、当時を思い出すと躊躇してしまいます。」

相談者の方は前回の妊娠時の体重管理が厳しすぎて、2人目が欲しいと思っていてもまた同じ苦しみを味わうのかと思うと、妊娠をためらってしまうと言っています。安産のためには体重管理が必要だとはわかっていますが、具体的にはどのような理由があるのでしょうか?

以前私が出産した病院は体重管理に厳しくて、少しでもオーバーするとすぐ指摘されて体重を落とすように言われ、初めての妊娠ということもあり忠実に守りとてもキツイ妊婦生活でした。普段食べていた普通の和食の夕飯は朝食に回し、昼は好きなものを軽く食べる、夜は温野菜をノンオイルドレッシングで食べるというダイエット生活のような感じでした。結果出産まで6Kg増(BMIは19)で収め安産だったのですが、本当にストレスでした。2人目を考えていますが、また前回のような体重管理が必要と思うとためらってしまいます。厳密な体重管理は、妊娠時には絶対必要なのでしょうか?私が通っていた病院が特別厳しかったのでしょうか?「太りすぎるとお腹の子に悪い」とは、具体的にどのような悪影響があるのか教えて下さい。(20代・女性)

急激な体重増加は妊娠中毒症などになりやすく、出産時に赤ちゃんが上手く下りてこられないなど様々なリスクが!

そもそも、妊娠中に体重が増えすぎてはいけないのは何故なのでしょう?その理由について、助産師さんに教えてもらいました。

妊婦の体重の急激な増加がいけない主な理由としては、以下が挙げられます。
・妊娠中毒症になりやすい→重症化すると入院管理が必要
・腰痛やひざの痛み、血管がこぶのように膨らむ静脈瘤が起こりやすい
・吸引分娩や帝王切開などいわゆる難産になりやすい
(助産師)
急激な体重増加によって、外からは見えない赤ちゃんが出てくる産道周辺にもたくさんの脂肪がついてしまいます。すると脂肪が邪魔になって赤ちゃんは出てきづらくなり、母子ともに体力がなくなったり子宮の収縮が弱くなり(微弱陣痛)お産に時間がかかってしまいます。微弱陣痛になると子宮が収縮する力も弱くなるので、出産時の大量出血のリスクにもつながり危険です(助産師)

最近では昔に比べて、個人に合わせた緩やかな指導をするように推奨されています

数年前までは、出産時の様々なリスク回避のために厳しく体重管理が行われていましたが、最近では妊娠中のストレスなどを考慮して以前よりも緩やかになったようです。しかし指導する体重の基準が微妙に違うこともあり、病院や医師によってアドバイスが変わってくる場合もあります。

合併症などのリスクを避けるため、体重管理にはかなり厳しい病院が多かったのですが「産婦人科ガイドライン・産科編2011」では、妊娠中の厳しい体重管理は避け、なるべく緩やかな指導を心がけることを推奨するようになりました。(助産師)
初期の段階で体重増加が目立っている方、あるいはベースに疾患をお持ちの方には、やせ型であっても体重コントロールの指導を行うこともあります。(助産師)

最近では以前のような厳しい体重管理は行わなくなり、個人に合わせた目標体重を医師と一緒に話し合いながら設定するというのが理想となっているようですね。しかし助産師さんが話して下さっているように、妊娠中の体重管理が大切だということに変わりはありません。なぜ体重管理が必要なのかという理由がはっきりとわかれば、妊婦さん自身もその重要性が理解できるのではないでしょうか。医師と相談しながら無理のない範囲で体重をコントロールしていきましょう!


2014/08/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)