調査・アンケート

楽天リサーチが「父の日に関する調査」を実施、その結果を公表

父の日についての調査を実施

楽天リサーチ株式会社(東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司)は、「父の日に関する調査」を実施しました。

「父の日に関する調査」は楽天リサーチの登録者の中から、20代~60代の男女1,000人を対象に、2017年5月15日(月)~16日(火)の2日間、インターネットを通して行なわれました。

父の日に贈り物をする人は3割

両親の誕生日および「父の日」「母の日」について知っているかどうか質問したところ、誕生日に関しては4.1ポイント、「父の日」「母の日」に関しては9.6ポイント、それぞれ父親より母親の記念日のほうが認知度が高くなっているようです。

実際、父の日と母の日に贈り物をした人の割合を見てみると、「昨年の父の日」…31.7%、「今年の母の日」…46.1%というように、母の日のほうが贈り物をする人が多い結果となっています。

なお贈り手としては女性のほうが多い傾向となっています。

今年の父の日について贈り物の予定を聞いてみると、「分からない・対象がいない」…40.0%、「贈り物をする予定」…32.5%、「贈り物をする予定はない」…27.5%という結果に。

「贈り物をする予定」の人は「予定がない」人に比べ5.0ポイント多く、昨年実績(31.7%)とほぼ同等の結果となっています。

父の日の贈り物はお酒や食べ物が多い

父の日の贈り物としては、お酒や食べ物が多く見られましたが、贈り手の年代によって少し違いがあるようです。

20代~30代ではお酒を贈るケースが多く、年代ごとの割合は20代…33.8%、30代…31.7%となっているのに対し、40代~60代では食べ物を贈るケースが多く、各世代で40代…31.4%、50代…25.0%、60代…35.7%となっていました。

また父の日と母の日の予算額としては、父の日の方が母の日に比べ318円ほど高く、平均5,016円となっています。

父親とのコミュニケーションは「会話」がメイン

父親についての理想と現実のイメージを聞いてみると、最も多かったのは「尊敬できる」で、理想…42.4%、現実…21.4%という結果でした。他に「優しい」などの良いイメージが上位に入っていました。

また心配な点や直してほしい点については、「現状のままでよい」…33.8%、「生活習慣」…32.7%、「食習慣」…25.3%、「性格」…18.5%といった結果となっています。

日常における父親とのコミュニケーション方法については、「会話をする」…62.8%、「食事をする」…34.7%、「電話をする」…16.8%といった意見が多く、特に女性は父親と接する機会が多い傾向にあるようです。

一方、男性では「コミュニケーションをとらない」という回答が26.3%も見られています。

女性のコミュニケーションの手段として特徴的なのが「メール、メッセージアプリ、SNSなどによるやり取り」で、その利用率は、女性…23.6%、男性…8.4%と男性の約3倍。男性に比べコミュニケーション手段の幅が広いことがわかります。

父の日に「何もいらない」父親が多い

父親に対し「父の日」に欲しい贈り物について聞いてみると、「何もいらない」という回答が最も多く、49.2%を占めていました。他には「外食」…12.5%、「酒」…10.9%、「食べ物」…7.8%となっており、以外と外食を望む父親が多いことがわかりました。

参考サイト

楽天リサーチ株式会社 プレスリリース


2017/06/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部