偏食

2015/04/22

1才の女児。最近食べムラがひどくて悩んでいます

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

1才の女児。最近食べムラがひどくて悩んでいます

離乳食が進み色々な食材を口にするようになると、子供にも好き嫌いが出始めます。離乳食は順調だったが、最近白米ばかり食べていて栄養が心配だという相談に、看護師さんたちはどの様なアドバイスをしているのでしょうか。

食べムラについての相談:「白米ばかり好んで食べる1才児。栄養の偏りが心配」

1才の女児ですが、離乳食は比較的順調に進んだものの、最近食べムラに悩んでいます。娘はとにかく白米が大好きで自分の手でつかみ食べをしますが、こちらが他のおかずを口に運ぶと食べたり食べなかったりで、ほぼ白米だけでお腹が膨れている感じです。気が向いた時には野菜なども食べることがありますが、栄養が偏らないか心配です。(30代・女性)

成長と共に食べられるように

この時期の子供の食べムラは、あまり心配しなくてもよいと看護師さんは説明しています。一時期は同じものばかり好んで食べても、成長と共に身体が必要とするものは食べるようになるので、長い目で見守ってあげてください。

小さい子供は同じものばかり好む傾向にありますが、これも成長過程の1つなのであまり神経質にならないでください。私達が疲れた時に甘い物が欲しくなるのと同様、子供も成長に伴い身体に必要な栄養素は自然に身体が要求します。子供が甘いものや炭水化物などを好むのは身体の成長にエネルギーや糖分が必要なためで、大人が肉よりも魚や野菜を好むのは、エネルギーは必要なく健康を維持する栄養が必要なためです。(産科看護師)
子供の時には嫌いだったものでも、大人になれば食べられるようになったり、逆の場合もあります。嫌がるものを無理に食べさせようとするとトラウマになることもあるので、長い目でみて楽しく食事することを心がけましょう。(産科看護師)
健診で身長や体重に問題がない場合、あまり心配する必要はありません。無理に食べさせようとすると、食事は楽しくないものと思い込み食事を嫌がるようになる可能性もあるので、お子さんの好きなように食べさせてください。しかし「これ美味しいよ、これ食べたら大きくなれるよ」などの働きかけは忘れないようにしましょう。また、おやつやジュースのとり過ぎで食べられないという状況は避けてくださいね。(内科看護師)

色々な食材をワンプレートに少量ずつ

食材に興味を持って貰えるように、様々なおかずをお子様ランチのようにワンプレートに盛り付けてみてはいかがでしょうか。またお子さんが他のおかずを食べた時は、たくさん褒めてあげてください。

偏ったものばかりで栄養が心配でしたら、お子様ランチのように色々なおかずを少量ずつ1つのお皿に盛りつけてみたり、白いご飯の上に野菜や果物でお子さんの好きなキャラクターの顔など作ってみてはいかがでしょうか。食べなくても無理強いせず、また次の食事でチャレンジすればよいですし、もしお子さんが野菜などを食べた時は過剰なくらい褒めてあげてください。(産科看護師)

何でもバランスよく食べて欲しいと思うのですが、この時期の子供の食べムラはあまり気にしすぎなくても大丈夫なようです。成長するにつれ自然と食べるようになるとは思いますが、普段の食事にひと工夫加えれば、他のおかずにも興味を持ってくれるかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加