話題・時事ネタ

「H&M Foundation」3つの新たな『グローバルプログラム』を実施

改善目標は「教育・清潔な水・女性の経済的エンパワーメント」

非営利財団H&M Foundation(H&M ファウンデーション)は、世界で最も貧しい人々の生活を変革するだけではなく平等な社会に向けて取り組むための「国、地域、グローバルな計画」を促進することを目標に掲げました。また2050万ドルの寄付金により「教育」、「清潔な水」、「女性の経済的エンパワーメント」の各分野を継続的に改善するための3つの新たな『グローバルプログラム』を実施します。

【グローバルプログラム 実施経緯】

これまでに10万人以上の子供が教育を受け25万人以上の学校の子供が清潔な水とトイレを利用できるようになりました。また10万人の女性が事業を開始または拡大するための支援を受けました。さらに政府との対話により、いくつかの世界の最の貧しい地域において”教育リソースの拡大、清潔な水の確保、衛生設備、衛生状態の改善”を行うことができました。

これらのプログラムが成功したため
今回の3年間の新たな3つのグローバルプログラムが策定されることになりました。

【2017-2019『3つの新たなグローバルプログラム』の目標】

◆UNICEF

すべての子どもが人生の良好なスタートを切ることができるように14万5000人の子供、両親、教師、影響力のある人々に早期児童育成プログラムを提供する。②早期児童養成サービスの実施を可能にするために4カ国の省庁との協力を促進する。③寛容、協力、衝突予防、コミュニティ統合のための幼児成長の取り組みの関連性に焦点を当てたツールを開発する。

◆WaterAid

①いくつかの世界の最も貧しい地域において、15万人が、水と衛生サービスを利用できるようにする。②4か国において、継続的な水、衛生設備、衛生サービスを提供するためのシステムを改善する。③水、衛生設備、衛生サービスを継続的に利用可能とするための方法に関する学習と事例を共有するために、グローバルレポートを開始する。

◆CARE

①世界の所得の低い地域の女性起業家10万人が、自身の事業を発展させることを支援する。②7カ国で成功したビジネスモデルを紹介し、女性が起業家になることを奨励し成功に向けた適切な条件を女性起業家が確保できるようにする。③女性が行う事業の発展に関する投資の経済的および社会的価値についての先駆的なグローバルレポートを開始する。

☆新たな3年間のパートナーシップ、UNICEF(『教育』分野)、WaterAid(『清潔な水』分野)、CARE(『女性の経済的エンパワーメント』分野)は、2017年1月に終了した前回のグローバルプログラムで達成した成果と学習を基盤に確立されました。また新しい支援の約束により、2014年以来、合計3億6000万スウェーデンクローナ(4100万ドルまたは3700万ユーロ相当)の寄付金が集まりました。

※パートナー団体からの詳しいメッセージ内容は、
下の「参考サイト」のリンク先にて確認出来ます。

■H&M Foundationとは

ファッションブランドH&Mの創業者であり主要オーナーである
ステファン・パーション一族が設立した世界規模の非営利財団。

ミッションは”コミュニティ、人々、革新的なアイデア”に投資することで長期的にプラスの変化を生み出し生活環境を改善することです。また世界中の重要な組織と提携し「教育」、「清潔な水」、「平等」、「地球の保護」という4つの分野に変化をもたらすだけでなく緊急支援や緊急援助も提供することができます。☆ステファン・パーション一族は2013年以来、11億スウェーデンクローナ(1億5400万ドルまたは1億2300万ユーロ相当)を財団に寄付しました。

参考サイト

mpact Report 2013-2016(H&M Foundationのこれまでの取り組み)
H&M Foundation
PR TIMES プレスリリース


2017/06/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部