イベント・セミナー

一般社団法人「結婚・婚活応援プロジェクト」が『会員総会』を実施

元総務大臣「増田寛也」氏や衆議院議員「石崎徹」氏も出席

一般社団法人「結婚・婚活応援プロジェクト」は、設立から2周年を記念として参画企業を集めた『会員総会』を2017年5月24日(水)に実施しました。(☆一般社団法人「結婚・婚活応援プロジェクト」は2015年5月20日に創立。日本の未婚率の上昇や出生率の低下が進んでいる現状を改善するために多くの企業が参画して各社のノウハウや課題解決力を共有することで一社ではできない効果を生み出すことを目的とした組織)。

『会員総会』では

①昨年度の活動報告と今後の事業計画について参画企業に報告を行いました。また代表理事の辻村が「婚活事業の健全化・活性化のために参画企業一体となって業界の課題にとりくんでいきたい」と発言しました。

②今後の事業計画では、結婚相談所やネット婚活事業者と結婚式場をマッチングさせるMSPJ結婚準備カウンターなど各企業の壁を超えブライダル業界も含めた業界の活性化を推進することや、ネット婚活サービスの安全性などについて積極的に議論などを進めていくことなどを発表しました。

③元総務大臣で「結婚・婚活応援プロジェクト」団アドバイザーの「増田寛也」氏や、婚活・ブライダル振興議員連盟事務局長の「石﨑徹」衆議院議員も出席。婚活・結婚事業に対する期待と激励の言葉がありました。

④参画企業でもあり全国で100店舗以上を展開する「相席屋」を運営している株式会社セクションエイト代表取締役の横山淳司氏より新しい婚活事業のポイントなどについてマーケティングなどの視点から講話がありました。

コメント

【辻村都雄】代表理事

設立から2周年が立ち社団に参画している企業も30社となりました。今後も業界の健全化・活性化に向け、各社の持っているノウハウや課題解決力を共有することで一社ではできない効果を生み出すことができると思っています。また少子高齢化などの課題解決に向け会員企業一丸となって取り組んでいきます。

【増田寛也】アドバイザー

社団に参画する企業が行政などと一体となって婚活事業を進めていくことで、人口減少などに悩む地方の活性化、地方創生に繋げていく。それがこの社団の最終的なゴールだと思っています。そのためには民間企業だけでなく、政治や行政も含めて大きなムーブメントにつなげていく必要があります。

また少子高齢化という問題を若い人たちにも考えてもらうことも重要な課題です。様々な企業の力を結集して、大きなうねりを起こす。私も自分の経験を生かして参画企業のお手伝いをして参ります。

【石﨑徹】衆議院議員

結婚や婚活という業界は、結婚相談所や式場だけでなく衣装や生花といった業種にまで広く関係があります。結婚・婚活応援プロジェクトにはさまざまな業種の企業が参画されていますが、ぜひ業界の課題などを政治の場に届けていただいて業界の発展、そして日本が抱えるさまざまな課題の解決につなげていきたいと思っています。また婚活・ブライダル振興議員連盟としても政治の場からご協力していきたいと思っております。

■一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト

【構 成】

代表理事:辻村 都雄 ㈱リクルートマーケティングパートナーズ執行役員
専務理事:森谷 学(㈱オーネット代表取締役社長(楽天グループ)
理事:貝瀬 雄一 (㈱リクルートマーケティングパートナーズ執行役員)
監事:佐藤 茂(㈱パートナーエージェント代表取締役社長)
アドバイザー:増田 寛也(日本創成会議座長 元総務大臣)

設立日:2015年5月20日
住所:東京都港区南青山1-15-18 リーラ乃木坂 6階
TEL:03-6821-4051 / FAX:03-6674-2730

※【加盟企業一覧】は下の「参考サイト」のリンク先にて確認出来ます。

参考サイト

一般社団法人「結婚・婚活応援プロジェクト」
Facebook
PR TIMES プレスリリース


2017/06/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部