授乳中の薬

母乳育児中の頭痛薬服用。医師の処方なら特に問題ない?

母乳育児をしている場合、自分の口に入るものには神経質になってしまうものです。頭痛が酷く医師に頭痛薬を処方してもらい服用中の相談者さんですが、毎月使用しても母乳への影響はないかと心配しています。専門家たちは何と回答しているのでしょうか。

母乳育児中のママからの相談:「医師から処方された頭痛薬。母乳を介して赤ちゃんへ悪影響が及ぶことはある?」

現在1歳になる子どもがいます。7カ月から離乳食を始めていますが、中々食べてくれず母乳を欲しがるため断乳することが出来ません。そんな中で私は生理が始まり、生理痛である頭痛が酷くて頭痛薬を必要としています。授乳中でも大丈夫な薬を医師が処方してくれるのですが、毎月飲み続けながら母乳をあげても大丈夫でしょうか。それともやはり、その時だけはミルクに代えた方が良いのでしょうか。(30代・女性)

医師が処方した薬なら問題ないでしょう

医師が処方した薬なら、用法通り服用すれば特に問題はないようです。その他の市販薬については注意が必要なものもあるので、医師や薬剤師に相談した方がいいでしょう。

授乳中に薬を服用すると、血液内に薬の成分が溶け込み母乳を通して赤ちゃんに影響を与えるともいわれます。しかし、薬を服用すると授乳禁止という考えには科学的裏づけが乏しいです。薬の成分が母乳に移行する量は非常に少ない上に、赤ちゃんの血液に入って身体に作用することはごく限られた薬のみといわれています。医師の指示で用法を守ったうえでの服用なら、問題ないでしょう。(看護師)
市販薬で効果の高いロキソニンは、控えた方が良いとされています。また、胃腸薬や便秘薬は注意が必要なものもあります。栄養ドリンクにはカフェインやアルコールが含まれているものもあるため、医師や薬剤師に相談して購入して下さい。(看護師)

授乳とのタイミングを計って服薬しても

どうしても心配なら、出来るだけ薬の血中濃度が低い時にタイミングを合わせて授乳する方法もあるとのことです。辛い時はミルクで代用し、溜まった母乳を搾乳することを忘れないようにしましょう。

医師が処方した頭痛薬なら大丈夫ですが、どうしても心配な場合は薬の服用と授乳のタイミングを計ると良いでしょう。薬によって若干の差はありますが、服用から数時間後に血中濃度が高くなりそこから徐々に濃度が低くなります。授乳直前か直後に服用し、次の授乳まで数時間置くと母乳に薬の成分は出にくくなります。医師に処方された薬について説明を受け、飲むタイミングを指示してもらいましょう。(看護師)
頭痛が酷く母乳育児が辛い時は、無理をせずミルクで代用しましょう。その場合、溜まった母乳の薬の成分が抜け切らなかったり乳腺が詰まらないように搾乳をして古い母乳は破棄して下さい。(看護師)

市販薬ではなく医師が処方した薬なら、授乳中でも特に問題はないようです。それでも不安な場合は、授乳と服薬のタイミングを計り、薬の成分が母乳に出なくなる時間に授乳しましょう。どうしても頭痛が辛い時は、無理に母乳を与えずミルクで代用するのも一つの方法です。


2017/06/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)