授乳中の食事

乳腺詰まりが辛そうな妻。母乳の質と食事内容は関係がある?

授乳中は様々なトラブルが発生しますが、中でも乳腺詰まりでお困りの方が多いようです。母乳に良い食べ物や避けた方が良い食べ物について専門家達に尋ねてみました。

パパからの相談:「妻の乳腺詰まりを改善するには、どのような食事がお勧めでしょうか」

現在妻が母乳育児中ですが、乳腺が詰まって痛がることがあります。乳腺の詰まりは食べる物が影響すると聞いたことがありますが、どのような食材が詰まらせる原因となるのでしょうか。調理法によっても変わってくるのでしょうか。現在は私が料理を作っているので、少しでも和らげることが出来ればと思っています。また、詰まりを和らげる方法についても教えて下さい。(37歳・男性)

あっさりとした和食中心でバランス良く

授乳中は、脂肪分の多い食事は避けましょう。あっさりとした和食中心で、肉や魚や野菜などバランス良く摂ることが大切です。また、授乳中は普段以上に水分を多く摂るよう心がけ、食事にもスープや汁物などを積極的に取り入れると良いとアドバイスいただきました。

食べ物は、鉄分・カルシウム・たんぱく質を多めに摂るようにして下さい。肉・ほうれん草・小松菜・魚介類・レバー・大豆製品などがお勧めです。また、青菜は乳質を良くして乳腺が詰まりにくくなるといわれています。(看護師)
控えた方が良い物は、カフェインを含むもの・高脂肪のもの(チーズ・バター・生クリームなど)・もち米・山菜類・白砂糖などです。しかし、甘い物が欲しくてストレスになるようなら少しは食べでも構わないでしょう。良い食べ物でも摂りすぎは逆効果なので、バランスの良い食事を作ってあげて下さい。(看護師)
母乳は主に血液から出来ているので、摂取した食事の質がそのまま母乳に影響します。脂肪分や糖分に偏った食事や身体を冷やす食べ物は、乳腺を詰まらせ乳腺炎の原因となります。おもちや菓子パンや乳製品、生野菜や揚げ物などは控えましょう。(看護師)
まずは水分不足にならないことが大切で、授乳中は食事以外で2000mlを目安に摂って下さい。育児に追われてゆっくりお茶を飲む時間もないでしょうから、ペットボトルに入れて手の届くところに置いておきましょう。タンポポ茶は、母乳の出が良くなるといわれています。(看護師)
母乳育児中は、母乳に水分を取られます。水分の多い食材を食べることと、調理に多くの脂肪分や乳製品を必要としない和食の献立が良いでしょう。白米や根菜類、脂肪分の少ない肉や魚、野菜スープや味噌汁などが母乳に良いです。(看護師)

胸が張って痛い時は圧を抜く程度に搾乳を

胸が張って痛みがある時は、軽く圧を抜く程度に搾乳すると楽になるようです。

母乳が溜まって詰まりや張りを感じる時は、圧が抜ける程度の搾乳をしたりマッサージをしましょう。母乳外来や、母乳マッサージをしている産婦人科を利用してみてはいかがでしょうか。(看護師)

母乳は血液から出来ているため、食べた物が直接母乳の質に影響します。脂っこい物や甘い物は控えて、低カロリーで和食中心のメニューにしましょう。水分不足にも気をつけながら、何でもバランスよく食べるようアドバイスいただきました。


2017/06/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)