ミルク育児

完全母乳から混合へ。スムーズに移行するための方法は?

様々な事情で、母乳からミルクに切り替えなければならない場合もあります。1年後の職場復帰へ向け、今から混合育児へ移行するべきかという相談に対し専門家達はどのように回答しているでしょうか。

授乳についてママからの相談:「1年後に職場復帰予定。今からミルクに移行した方がいい?」

完全母乳ですが、1年後には職場復帰を考えています。母乳は赤ちゃんに良いと聞くので、せっかく母乳が出るならこのままあげたいですが、保育園生活のことを考え徐々に混合にしていった方がいいのでしょうか。私は乳腺炎になりやすい体質のため、止めてまでミルクをあげることに不安を感じています。赤ちゃんにストレスを感じさせない方法を教えて下さい。(30代・女性)

様子を見ながらゆっくり進めるのがベター

1年後ですと、その頃には離乳食も進み卒乳時期となっている可能性もあります。今から混合に移行する準備をしなくても、赤ちゃんの成長を見ながらゆっくり決断しても大丈夫とのことです。

母乳は吸われることでたくさん生成されるため、あまり早い段階で混合にすると母乳の出が悪くなる可能性があります。今から1年後の復帰ですので、子どもの状況を見ながらゆっくり判断しましょう。(看護師)
個人差がありますが、1歳頃には離乳食も完了時期に入るため混合ではなく断乳や卒乳が可能となりミルク自体が必要なくなる可能性もあります。また、授乳はお母さんとの大切なスキンシップなので寝る前だけ母乳をあげるのも良いでしょう。(看護師)
断乳は少しずつ授乳回数を減らしていく方法と、お子さんに言い聞かせて決めた日から断乳する方法があります。少しずつ減らす場合は、離乳食の進み具合を見ながらまずは1回の授乳を減らし、1カ月程かけて断乳します。お子さんやお母さんのストレスを考えると、徐々に減らしていく方法が良いかも知れません。(看護師)
決めた日から断乳する場合は、お母さんの話が理解出来る1歳を超えた頃からが良いでしょう。前もって、「もうおっぱいバイバイしよう」と言ってお子さんに心の準備をさせましょう。断乳の日は朝1回だけ授乳し、「これでバイバイだよ」と終わりを伝えてください。昼間は思い切り遊ばせて気を紛らわせ、夜ぐっすり眠れるようにして下さい。おっぱいを求めて泣くでしょうしお母さんも辛いでしょうが、泣いても断固としてあげない決意が必要です。(看護師)

1歳頃ならストローやマグでも

母乳に慣れていた赤ちゃんは、哺乳瓶を嫌がる傾向にあります。しかし、1年後にはストローなどが使えるようになっているかもしれません。哺乳瓶がダメなら、ストローつきのマグなど試してみてはいかがでしょうか。

母乳育児のメリットは色々ありますが、仕事復帰を機に断乳やミルクを始める方も多いようです。完母の赤ちゃんがミルクに移行する時に困るのが、哺乳瓶を嫌がることです。お母さんのおっぱいが大好きな赤ちゃんは、哺乳瓶のゴムの無機質な感触を拒むことがあります。1歳近くになるとストローやコップでも飲めるようになるため、哺乳瓶を嫌がる時はストローで飲ませてもいいでしょう。(看護師)

まだ1年あるので、今から無理に混合へ移行する必要はないかもしれませんね。離乳食の進み具合などお子さんの様子を見ながら、ストローなども活用しながらゆっくり判断してもよさそうです。


2017/06/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)