断乳

断乳から8カ月。まだ粘り気のある母乳が出るのは何故?

これまで母乳をあげていたママも、断乳や卒乳をすると徐々に元のおっぱいに戻っていきます。しかし断乳後数カ月経っても、まだ母乳らしきものが出るという相談が来ています。専門家達は何と言っているのでしょうか。

断乳後についてママからの相談:「断乳後8カ月経っても母乳が出ます。全部絞り切った方がいい?」

1歳3カ月の時に断乳をしましたが、その後8カ月近く経った今でも乳頭を絞ると黄色い粘り気のある母乳が少し出てきます。断乳をする時に最後までしっかり絞ったつもりだったのですが、まだ絞りきれていないということなのでしょうか。もっとしっかりと絞り出した方がいいのでしょうか。(20代・女性)

断乳後もしばらくは母乳の分泌が続く

断乳したからといって、すぐに母乳が出なくなる訳ではないようです。個人差はありますが、断乳後1年くらいで止まるのが一般的で、黄色く粘り気のある母乳でも心配はないとのことでした。

断乳したからといって、母乳はすぐには止まりません。授乳回数が多い時期や母乳の出が盛んな時期に断乳した場合、長期に少量ずつ続く場合があります。また、断乳後の母乳は水分が少なくなって凝縮するため粘り気のある黄色いものでも心配ないでしょう。断乳後1年程で完全に止まるようですが、1年以上も続くようなら助産師に相談してください。(看護師)
断乳後1カ月くらいで母乳の分泌は減っていきますが、1年くらいは搾ると粘り気のある水分の少ない母乳が出ることがあります。例えば出てくる母乳の量が多い・胸が張る・痛みがある・血が混じるなどの症状がない場合は、それほど心配ないのでそのまま様子を見ていいでしょう。(看護師)
完全に止まる時期には個人差があり、長い方だと2~3年続く方もいます。しかし1年以上母乳が出続ける場合は、母乳を分泌させるホルモン「プロラクチン」の値が高い可能性があるため一度病院を受診すると安心でしょう。プロラクチンは生理を止める働きがあり、数値が高いと月経不順などを起こす原因となります。また母乳がおっぱいに留まったままだと、次の出産後に乳腺炎を起こす原因となる可能性もあります。(看護師)

完全に絞り切るとさらに母乳が生産される

おっぱいを完全に絞り切ってしまうと、新たに母乳が生成されてしまうようです。おっぱいを絞る時は、胸の張りがなくなる程度に留めておきましょう。また乳首への刺激は避けて、乳房全体を絞るようアドバイスいただきました。

乳頭を詰まらせないためにおっぱいが張っている間は搾り出した方が良いですが、完全に搾り出すとまた母乳を作ろうとするためおっぱいが柔らかくなっていれば搾る必要はありません。乳首を刺激すると母乳の分泌を促進するため、乳房全体を手で押さえて空気を抜くように絞りましょう。(看護師)
母乳を搾りだす際は、乳頭を絞るとそれが刺激になりまた母乳が生成されてしまうので乳房全体を絞るようにしましょう。もうしばらく様子を見て分泌が止まらない場合は、一度病院を受診すると安心です。(看護師)

断乳後8カ月だと、まだ母乳が少量出てくることはあるようです。胸が張るようなら乳房全体を軽く絞るようにし、1年過ぎても母乳の分泌が続く場合は、一度病院で診てもらうことをお勧めします。


2017/06/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)