断乳

断乳後1年経っても乳首から母乳が出るのは、ケアを怠ったから?

断乳後のおっぱいは、徐々に母乳の分泌が少なくなりやがて元通りになっていきます。断乳後すぐに母乳が出なくなるわけではないですが、1年経っても乳首に母乳カスのようなものが出るという相談に対し専門家たちはどのように回答しているのでしょうか。

断乳後についての相談:「断乳から1年。まだ母乳のようなものが出るがこれは何?」

断乳して1年が経ちました。断乳後、特に手入れをしませんでしたが、おっぱいの痛みもなく乳腺炎にもなりませんでした。しかし断乳して1年が経ちますが、乳首から母乳のような白いカス状の物が出てきます。これは一体何でしょうか。断乳後のケアを怠ったために、まだ少しだけ母乳が残っているのでしょうか。そのうち固まって、しこりや乳腺炎になるのではと心配しています。(30代・女性)

母乳が固まった「乳垢」と呼ばれるもの

乳首に見られる白いカスの正体は、母乳が固まってできた乳垢と呼ばれるもののようです。白くて少量なら気にしなくて大丈夫なようですが、量が多かったり血が混じる時は病院を受診した方がいいと専門家は説明しています。

卒乳後の白いカスのようなものは、乳垢といわれる母乳が固まったものです。乳垢は妊娠していなくても見られる場合もありますし、産後数年を経過しても見られることがあります。妊娠中の乳垢は、放っておくと乳腺を詰まらせ乳腺炎の原因になることがありますが卒乳後で白くて少量なら気にしなくていいでしょう。血液が混ざるようなら、病院を受診して下さい。(看護師)
断乳後は1カ月程で徐々に母乳の分泌がなくなっていきますが、約1年は絞ると出てくることがあります。母乳が完全に止まるまでには個人差があり、2~3年経ってもまだ出る方もいます。母乳を搾る際は、乳頭を刺激すると母乳が分泌されるので乳房全体を包みこむように絞るといいでしょう。(看護師)
出る量がカス程度の少量なら、あまり心配ありません。たくさん出る場合は、母乳を分泌させるプロラクチンというホルモン値が高い状態かもしれないので一度病院を受診した方が安心です。プロラクチンは、生理を止める働きがあるので生理周期のバランスが乱れる可能性があります。(看護師)
母乳に血が混ざる・乳頭や乳房や痛い・乳房が張るなどの症状がある場合は、一度病院を受診した方がいいでしょう。(看護師)

オリーブオイルで柔らかくして取る方法も

溜まった乳垢が通常の入浴で取れない場合は、オリーブオイルを使った除去方法もあるようです。決して無理に取ろうとせず、可能な範囲で行いましょう。

普通に身体を洗うか、シャワーで流す程度にして清潔にして下さい。どうしても取れない場合は、オリーブオイルを染み込ませたコットンをあて、ラップして30分程時間を置くと柔らかくなり取れやすいです。先の尖ったものなどで無理に取らないようにしましょう。(看護師)

どうしても気になる時は自分でお手入れも可能とのことですが、既に卒乳していて乳垢が少量なら特にそのままでも心配はないようです。量が多い、血が混じるなどの異常があれば、病院を受診した方が安心です。


2017/06/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)