ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナが落ち着いて、どの位で通園できる?

ヘルパンギーナは、突然の高熱や口内炎の症状が出る感染症です。ヘルパンギーナを発症した場合の通園再開のタイミングや、他の人との関わらせ方に悩むママから相談がありました。専門家はどのように答えているでしょうか。

4歳のママからの相談:「ヘルパンギーナ発症後、どの位で保育園に通えるようになりますか」

4歳の上の子がヘルパンギーナに感染しました。症状が落ち着いても、しばらくは便からウィルスが排出されると聞きます。しかし病院からは、どの位の期間他の子達との接触を断ったらいいのか明確な指示がなかったためとても迷いました。症状が落ち着けば、遊びに出たり保育園に通っても良いのでしょうか。もししばらく避けなければならないなら、どの位の期間なのか目安を教えていただきたいです。(40代・女性)

感染させるリスクは1カ月程は続く

ヘルパンギーナは、各種の症状が無くなって2日経過すれば登校可能になるようです。しかし、発症から最大1カ月程は、周囲の人に感染させてしまう可能性があります。

ヘルパンギーナについては、最大4週間までを目処として便中に原因ウィルスが排泄されるといわれています。しかし実際どの程度まで継続して排泄されているかについては、非常に個人差が大きいことからインフルエンザのように明確な接触禁止基準を設けることは難しいです。ヘルパンギーナ感染後1カ月ほどは、他人に感染させるリスクがあるものとして対応してください。(小児科専門医)
ヘルパンギーナは、飛沫・接触・糞口感染します。症状が治まっても、2~4週間は便からウィルスが検出されることがあり感染源になり得ます。しかし、ヘルパンギーナには出席停止期間が定められておらず、全身症状が安定していれば登校可能です。心配でしたら、医師に確認した方がいいでしょう。(看護師)

手洗いや消毒の励行を

ヘルパンギーナは、経口感染します。家族が感染した場合の注意すべきポイントについて、アドバイスがありました。

ヘルパンギーナは、ウィルスが混入した唾液を経口摂取することから感染が拡大します。実際にウィルスがいるかどうかを正確に判断することは難しいですが、ウィルスがどこにでもいるものと考えて手洗い・うがいを徹底することが大切です。(小児科専門医)
唾液が付いたおもちゃ・くしゃみ・咳などで感染しますから、おもちゃ・タオル・食器の共用は避けうがい・手洗いをしっかり行ってください。家庭内での感染を防ぐため、排泄物を触る時は使い捨ての手袋を使用し1回1回ビニール袋に入れて口をしっかり閉じて捨ててください。複数の人が触れるドアノブ・スイッチ・リモコンなどは、次亜塩素酸ナトリウム(家庭用の塩素系漂白剤で代用出来ます)で除菌してください。(看護師)

ヘルパンギーナは、症状が治まっていれば登校可能なようです。しかし、発症から最大で1カ月程度は便中にウィルスが排泄されるため、他の人に感染させてしまうリスクがあります。感染を防ぐために手洗いとうがいを励行し、家族が感染した場合は、排泄物などの処理の際に注意が必要です。


2017/06/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)