イベント・セミナー

2017/07/01

保険市場コラム「『子宮頸がん』から私を支えた“絆”」掲載開始

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

保険市場コラム「『子宮頸がん』から私を支えた“絆”」掲載開始

希良梨さんのコラムを掲載

株式会社アドバンスクリエイト(大阪市中央区瓦町3-5-7 代表取締役社長:濱田 佳治)は、国内最大級の保険選びサイト「保険市場」において、女優・希良梨(きらり)さんのコラム掲載を開始しました。

その希良梨さんのコラム「『子宮頸がん』から私を支えた“絆”」は、保険市場コラム「一聴一積」内に掲載されます。

希良梨さんのコラムはこちら
https://www.hokende.com/news/blog/entry/kirari/001

保険市場はこちら
https://www.hokende.com

がん発覚から現在までの心境を語る

多くの映画・ドラマに出演するなど、女優として活躍する一方、「Kirari」として歌手活動も行なうなどマルチに活躍中の希良梨さん。

19歳で子宮頸がんを発症、国外に生活の拠点を移し、台湾人男性と結婚・出産を経て、再び日本で芸能活動を再開。現在は日本と台湾を繋ぐ日台アイコンとして、以前にも増して活動の幅を広げ活躍しています。

コラムでは、子宮頸がんが発覚から結婚・出産、そして現在に至るまでの心境が語られています。

■希良梨(きらり)さんプロフィール
1980年東京生まれの沖縄育ち。
1997年女優デビューし、以降数々のドラマ・映画に出演。
代表作としてドラマ「ギフト」「GTO」、映画「ラブ&ポップ」などがある。
1999年には「Kirari」として歌手デビュー、「Last Piece」「ToySoldiers」などのヒット曲をリリース。
中でもデビュー曲「Last Piece」は、アニメ版GTOエンディングテーマにも起用され台湾でも大ヒットとなる。
2004年に海外に移住、2008年には台湾で結婚、翌年長男が誕生。
2012年に日本に帰国し、2015 年に芸能活動を再開、日本のYahooニュースや中華圏メディアが大々的に取り上げた。
以降、日本台湾両政府のイベントに多数出演、オリンピックイベントのテーマソングも手がけるなど、まさに新しい日台アイコンとして幅広く活動中。

より幅広い情報提供メディアサイトを目指す

今後もアドバンスクリエイトでは、Webマーケティングノウハウや最先端の技術を活かし、消費者動向の先取り・利便性の向上に努めていくとのこと。

そして「保険市場」を、より有益で幅広い情報を提供するメディアサイトとして発展させるとともに、保険以外のジャンルにおいても様々なコラムを掲載していくとのことです。

参考サイト

株式会社アドバンスクリエイト プレスリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加