調査・アンケート

イマドキの結婚の最新調査『ジューンブライドに関する意識調査』

ジューンブライドに関する意識調査

ブライダルジュエリー専門店、銀座ダイヤモンドシライシを運営する株式会社NEW ART(東京都中央区)は、20歳~39歳の既婚・未婚の男女500名を対象に、インターネットによる『ジューンブランドに関する意識調査』を2017年5月に実施し、その結果を発表しています。

男性が結婚式で見ているポイント

参列した結婚式で気になる異性に出会ったことがあるか調査したところ、2割弱の方が「結婚式で気になる人に出会ったことがある(15.9%)」と回答しています。さらに、結婚式に参列して恋人や将来のパートナーに合う確率がどのくらいあるのか調査したところ、「結婚式で知り合って、お付き合いに至ったことがある(7.3%)」、「結婚式で知り合った人と結婚した(6.1%)」という結果になっています。

また、男性が結婚式に参列した際に気になる異性のポイントを伺ったところ、1位「周りに対するふるまい(55.8%)」、2位「笑顔(52.8%)」、3位「気遣い(43.9%)」という結果になっています。友人の結婚式も大事な出会いの場として男性も意識していることが判明しております。身なりよりも行動や振る舞いをより意識すると良い出会いに繋がりやすいことがうかがえます。

プロポーズを即答は約9割

男性にとってプロポーズは一生に一度の大勝負、女性にとっては一生の憧れの瞬間です。プロポーズをした(された)経験で、プロポーズを即答された(した)かどうかについて質問しています。「即答された(した)人」は93.4%ほとんどの男女がその場で即答していることが分かっています。一方、即答しなかった人は6.6%という結果になっています。即答しなかった理由について聞いてみると、「結婚を特に意識していなかったから(66.7%)」「親から許してもらえるか不安だったから(33.3%)」という意見が多数を占めており、プロポーズ前に事前に彼女の気持ちを確認しておいた方が彼女も心構えが出来るかもしれません。

イマドキの結婚報告について男女500名に調査し、結婚が決まった時、SNSで結婚報告をすると答えた女性は42.1%、男性は42.4%ということが判明しています。また、投稿内容としては1位「エンゲージリングの写真と共に投稿(45.2%)」、2位「婚約相手とツーショット写真と共に投稿(33.9%)」という結果になっています。。今は芸能人もSNSで結婚報告をするのが当たり前の時代になっているが、くれぐれもウェディングハイにはご注意をされることをおすすめします。

「ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ」

参考サイト

株式会社NEW ART


2017/06/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部