調査・アンケート

2017/07/10

F2層が置かれている現状とストレス対処のキーワードとなる『コーピング価値』を発表

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

F2層が置かれている現状とストレス対処のキーワードとなる『コーピング価値』を発表

ターゲットは「F2」とよばれるミドル女性(35~49歳)

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:加藤讓)は「F2(35~49歳女性)」をテーマとした『ひと研究所セミナー2017』を2017年6月8日(木)に丸ビルホール(東京・丸の内)7Fホールで開催されました。

今回『ひと研究所セミナー2017』の実施から社会環境や価値観の変化を背景にライフコースの選択やライフスタイルに多様化が進む「F2」とよばれるミドル女性(35~49歳)をターゲットとした研究プロジェクト「f2ラボ」リーダー・村田玲子が、F2層が置かれている現状とストレス対処のキーワードとなる“コーピング価値”について発表しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加