調査・アンケート

2017/07/10

博報堂生活総合研究所が『こども20年変化のポイント』を公開

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

博報堂生活総合研究所が『こども20年変化のポイント』を公開

小学4年生から中学2年生の子どもたちを対象とした調査

博報堂生活総合研究所は1997年から10年毎に小学4年生から中学2年生の子どもたちを対象として「1997年・2007年・2017年」にほぼ同じ質問内容のアンケート調査を実施してきました。今回は1997年~2017年の20年間の間に「少子化の進行、共働き世帯の増加、教育の脱ゆとり転換、デジタル環境の向上、東日本大震災の発生」などさまざまな事象が生じ、日本の子どもたちを取り巻く環境は大きく変化してきた中、様々な子どもたちの実像が見えてきました。その20年の調査結果から変化が顕著であった『こども20年変化のポイント』が公開されました。

【調査概要】

調査手法:訪問留置自記入法
調査対象:小学4年生〜中学2年生の男女
調査時期:2017年2月15日~3月21日
調査地域:首都40Km圏
調査人数:首都圏800人

※1997年・2007年の調査概要は下の参考サイトにあるプレスリリリースPDF P.7参照


  • このエントリーをはてなブックマークに追加