おりもの

量が多くても、おりものシートは使わない方がいいの?

おりものが多いと、下着が濡れて不快感を感じます。おりものの量とシートの利用について悩む女性からの相談に、専門家はどのように答えているでしょうか。

おりものシートに関する相談:「病院でおりものシートが良くないと言われ、困っています」

私はおりものが多く、おりものシートを使っています。何かの性病かと気になり病院に行ったところその時は問題無かったのですが、「おりものシートをしていると通気性が悪いからあまりしない方が良い」と言われました。おりものが多くてもおりものシートをしない方が良いのか、それともおりものの量を減らせる方法はあるのか聞きたいです。おりものシートをしていると、カンジダにもなりやすいとも聞いたので困っています。(30代・女性)

シートはこまめに取り替えて

下着を清潔に保つためには、おりものシートの利用が有効なようです。しかし、シートを使う時の注意点についてアドバイスがありました。

下着におりものが付着した場合、雑菌が繁殖して皮膚トラブルの原因になります。おりものシートは蒸れやすいという意見も一理ありますが、おりものが特に多い時はおりものシートを使用してこまめに取り替えた方が良いでしょう。(看護師)
パンティーライナーそのものが良くないのではなく、汚れたパンティーライナーを長時間着用することでさらに雑菌を繁殖させることが良くありません。また、パンティーライナーを着用した時の湿気が膣カンジダを発症もしくは悪化させるといわれています。こまめに取り替えること・ストッキングやガードルなどを着用しないこと・タイトなズボンは着用しないことなどに気を付け、なるべく通気性を良くするように心がけましょう。(看護師)

体調によって量が変化するおりもの。疲れを残さないよう注意を

おりものが増える要因や、日常生活で注意すべきポイントについてご紹介します。

おりものは生理周期によって変化しますが、ホルモンのバランスが崩れていたり抵抗力が落ちている時は増加する傾向にあります。できるだけ規則的な生活・バランスの摂れた食事・ストレスを溜めない・睡眠不足にならないようにして下さい。(看護師)
気になるからと、洗い過ぎないようにして下さい。おりものには膣内を浄化し、雑菌の進入を防ぐ働きもあります。洗い過ぎると必要な常在菌まで流してしまい、おりものが増えることがあります。膣カンジダはおりものの影響もありますが、抵抗力が落ちている時に発症しやすくなります。なるべく疲れを残さないようにして下さい。(看護師)

おりものが変化したら再受診を

色が付いているなどおりものや陰部に異変が出た場合は、再受診を検討したほうがいいでしょう。

女性の場合は、生理周期や体調の変化によりおりものの量が増えることがあります。病院で特に問題が無いと診断されたのであれば、しばらく陰部を清潔にして様子を見てみましょう。ただし、おりものの量が多い・黄色や緑色をしている・褐色などの色や血が混じっている・チーズやヨーグルト状である・痒みがあるなどの症状が出ている場合は、もう一度病院を受診しましょう。もしかしたら、一度の受診では明らかにならなかった病気が判明するかもしれません。(看護師)

おりものが多い場合は、シートを使った方が清潔を保つことができます。ただし、こまめに交換したり通気性の良い服装を選ぶなどの注意が必要とのことでした。おりものを増やさないためには、規則的な生活で疲れやストレスを溜めないよう心がけましょう。


2017/07/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)