おりもの

2017/07/02

疲れるとおりものが増え、臭いも気になるのですが…

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

疲れるとおりものが増え、臭いも気になるのですが…

おりものは、体調のバロメータの一つです。おりものの量と臭いに悩む女性から相談がありました。専門家はどのように答えているでしょうか。

おりものに関する相談:「疲れると、おりものがすごく増えます。2年ほど前から臭いも感じるようになりました」

私は元々おりものが多いのですが、疲れると凄く増えます。トイレに行くと臭いを感じるので気分が悪いのですが、おりものの臭いは消えないのでしょうか。座ると余計臭いがきつく感じて、凄く不快です。頻繁にトイレに行きおりものシートを変えているのですが、それでも臭いは何も変わりません。元々の体質ではないと思います。2年ぐらい前から急に臭いを感じ出して、悩んでいます。何か対策があれば知りたいです。(20代・女性)

おりものは体調のバロメータ

おりものは元々少し臭いがあるものですが、生理周期や体調によってその強さが変わります。

個人差がありますが、おりものは膣内を浄化させ雑菌の進入を防ぐために通常は酸性のため少し酸っぱい臭いがします。生理前になると臭いがきつくなりますが、これは経血が漏れ出しているためで異常ではありません。一般的に気になるほど臭いは強くないのですが、疲れやストレスでホルモンバランスが乱れると膣内の酸性度が変化して雑菌が繁殖しやすくなります。その結果、臭いがきつくなることがあります。(看護師)
おりものは、身体の状態を知るバロメーターにもなります。おりものは、ホルモンのバランスにより量や臭いなどが変化します。生理の前後はおりものの臭いが強くなることがあるほか、カンジダ症など感染を起こしている場合やストレス・ホルモンバランスの乱れなどが原因となって臭いを発することがあります。(看護師)

生臭さなど感じたら受診して

おりものの臭いや性状など病的なものが疑われる場合は、受診してください。

注意しなければならないのが、生臭い・酸っぱさが強い臭い、さらに黄色~緑色・白くてもポロポロしたおりものです。その場合感染症の可能性もあるため、病院を受診して下さい。(看護師)
病的なおりものとして子宮頚管炎などでは水っぽいおりものや膿性のおりものが見られますが、痛みや痒みなどの症状はありません。臭いが強く緑色のおりものはトリコモナス膣炎、生臭い魚臭は細菌性膣炎の可能性があります。(看護師)

陰部の洗い過ぎに注意を

日常のケアでは、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

入浴の際に陰部を洗い過ぎると、膣内を正常に保っている常在菌まで洗い流してしまいます。その結果雑菌が繁殖し、臭いや痒みの原因になる場合があります。既に行っているようですがおりものシートをこまめに取り替えて、陰部が蒸れないようにすることは症状を悪化させないためにも大切です。(看護師)
生理の時にタンポンを使用すると細菌感染を起こしやすいので、ナプキンに切り替えてみて下さい。陰部専用石鹸などもあるので気になる場合は使ってもいいですが、過剰な洗浄は膣の常在菌まで洗い流し細菌感染の原因になります。(看護師)

おりものは元々臭いはありますが、生臭さを感じる・おりものが白くポロポロするなどの異常がある場合は、受診を検討しましょう。また、臭いが気になるからといって洗い過ぎると、逆に臭いや痒みの原因になってしまいます。特にここ数年でおりものの臭いが変化したとのことですので、もしかしたらその間に何かしらの感染症にかかっているのかもしれません。その可能性を考慮して、一度産婦人科を受診したほうが良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加