陰部のトラブル

2017/07/03

デリケートゾーンのかゆみと皮むけ。ステロイド以外の治療方法はありますか?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

デリケートゾーンのかゆみと皮むけ。ステロイド以外の治療方法はありますか?

デリケートゾーンのかゆみが強いと、無意識のうちにかき過ぎてしまうことも。強いかゆみの原因は、何なのでしょうか。また、かゆみが出ないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

30代の女性からの相談:「デリケートゾーンが蒸れてかゆい。ステロイド以外の改善方法を教えて!」

暑い季節は、 長く歩き回るとデリケートゾーンの皮が剥けて夜も眠れない程の強いかゆみが出ます。眠りながら掻いてしまい、朝起きたらさらに悪化しています。ステロイドを塗るとある程度改善しますが、根本的に解決する方法を教えて下さい。また、蒸れない下着や服などもあれば知りたいです。皮膚科の先生も女性ばかりとは限らないので、お医者さんに見せるにもかなり抵抗があります。(30代・女性)

蒸れで雑菌が繁殖。感染症の可能性も…長引く時は受診を

デリケートゾーンは蒸れやすく、かゆみの出やすい場所です。特に敏感肌の方は、トラブルが起こりやすいようです。専門家が指摘するように、感染症の可能性もありますから病院を受診してみましょう。

陰部は蒸れやすく不潔になりやすい部分ですので、清潔を心がけましょう。またステロイドの軟膏は、皮膚を清潔にしてから塗って下さい。眠れない程の痒みでしたら、感染症や性病の可能性もあります。思い切って病院を受診した方が良いと思います。(看護師)
下着の素材や締め付け具合でデリケートゾーンに湿気がこもると、雑菌が繁殖しかゆみを起こすことがあります。特に生理中や妊娠中や敏感肌の方は、かゆみが起こりやすいでしょう。夜は自律神経の働きで副交感神経が優位になるため、かゆみが強くなります。また入浴や布団で身体が温まると血行が良くなり、かゆみが強くなります。軟膏で治らず症状が悪化する時は、女性医師が在籍する婦人科や皮膚科を探し受診しましょう。(看護師)

蒸れと締め付けを避け、清潔に

デリケートゾーンの蒸れを防ぐには、下着の素材をよく選び風通しの良いものを着用しましょう。また、おりものによる蒸れを起こさないよう清潔を心がけてください。

蒸れないようにし、おりものがある時はおりものシートを使用してこまめに取り替えて下さい。ウォシュレットやお尻拭きシートを利用する時は、優しく丁寧に拭き取ります。下着は綿素材を選び、ズボンよりスカートを履きストッキングは避けましょう。陰部を洗う時は、デリケートゾーン専用の石鹸を使用して泡で包むように洗ってください。(看護師)
下着は、シルクや綿など通気性や吸湿性に優れた素材の下着を選びましょう。ストッキングやガードルは、皮膚を締め付けかゆみの原因となるので着用を避けたほうがいいでしょう。石鹸も低刺激で肌に優しい成分の物を使用しましょう。(看護師)

今回のデリケートゾーンの強い痒みが出る原因は、蒸れによるもののようですので日ごろのケアで予防可能です。ただし、なかなか治らない時は受診も視野に入れた方が良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加